2005年12月11日

「ゴミ投資家のためのインターネット投資術入門」

史上最"易"の現代投資理論の入門書(第1章のみ)

ゴミ投資家のためのインターネット投資術入門ゴミ投資家のためのインターネット投資術入門
海外投資を楽しむ会

メディアワークス 2000-03
売り上げランキング : 9,011
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「インターネット投資術」だなんていかにもなタイトルに騙されてはいけない。中身は「現代投資理論」と「外債投資」に関する真っ当な解説書である。特に現代投資理論を扱った第1章は圧巻の一言。第1章だけを抽出すればまさに史上最"易"の現代投資理論の入門書である。

Excelを用いたポートフォリオ理論の解説書は数あれど、本書の解説の分かり易さはその中でもダントツ。また、マーコヴィッツやシャープ、さらにマルキール(ウォール街のランダム・ウォーク)やエリス(敗者のゲーム)に至るまで、現代投資理論の主要トピックについてもキッチリ網羅(おまけに複雑系の話まで!)。まさに、名著「Excelで学ぶファイナンス」「証券投資の思想革命」のエッセンスを凝縮しながらも分かり易くした充実の内容である。

ただ惜しむらくは、やはりタイトルの羊頭狗肉さだろうか。実際の内容は現代投資理論と外債投資なのに、言うに事欠いて「インターネット投資術」ってアンタ・・・(汗)。まあ、刊行時(ITバブルの絶頂期!)の状況を考慮すると致し方なかったのだろうが。

ともあれ、第1章を読むだけでも本書を手に取る価値は十分にある。年金基金の資産運用業務の新任担当者のみならず、証券アナリスト受験生にもオススメ。なお、第2章以降の評価については各自で判断されたし。






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(1)
| 書評:年金資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。