2005年12月26日

「企業年金コンサルタント養成講座」

"企業年金"コンサルタントとは大きく出たものよ

consultant企業年金コンサルタント養成講座

金融財政事情研究会

日商・金財が主催するDCプランナー試験の1級向け通信講座。6分冊+2別冊から成っており、計算すると1冊あたり約5,000円(汗)。
金融機関の並居る面々が執筆・編集しただけあって、金融機関サイドに都合の良い理論一辺倒かと思いきや、さに非ず。あの山崎元氏も編集に関わっており、「手数料は確実なマイナス要因だ」「仕組みを理解できない商品は買うな」等々、金融業界を敵に回して憚らない山崎イズム全開の内容となっている。読み物としてはなかなか面白い。

ただし、試験対策用としてはやや重装備な感がある。DCプランナー試験は4つの分野(A:公的・私的年金、B:確定拠出年金、C:投資、D:ライフプラン)から構成されているのに対し、当講座は6分冊。中身もA〜D分野の区分があいまいで、過去問をやってても該当事項を6冊の中から探すのに苦労した。また制度移行に関する記述が無駄に多く、この事項だけで2冊分は軽く水増しされている印象を受ける。試験ではせいぜい応用編で1問出る程度だろうに。
とはいえ、DC試験対策用の書籍なんてそもそも選択肢が少ないし、通信添削は試験傾向に即してイイ感じなことから、余裕資金のある向きは買っておいて損は無い。






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:58 | Comment(6) | TrackBack(1)
| 書評:確定拠出年金(DC) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。