2006年10月14日

「生命保険入門」

体系的・学術的に生命保険を学べる入門書

生命保険入門生命保険入門
出口 治明

岩波書店 2004-06
売り上げランキング : 116,375
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

生命保険に関する入門用教科書というと「生命保険新実務講座」(有斐閣)「生命保険講座」(生命保険協会)がまず思い浮かぶが、前者は刊行からかなりの年数が経っており、後者は業界人向けで入手が困難であるなど、ファーストチョイスとしてはいまいち決め手に欠ける。一方で、消費者向けのムック本の類は雨後のタケノコの如く出回っているものの、生命保険を体系的かつ真面目に学ぼうとする向きには物足りないことこの上ない。
そんな中刊行されたのが本書。業界のオピニオンリーダー(の1人)による著作だけに、生命保険に関する一連のトピックをつぶさに押さえており、教科書としての完成度は高い。それでいて、決して業界寄りの姿勢ではなく時には苦言を呈するあたりに、著者の保険に対する想いと公正さが感じられる。もっとも(生保と競合関係にある)簡保に対する弁舌はやや荒いけど(笑)。巻末の参考文献紹介も初学者にとっては有用。



 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(2)
| 書評:生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする