2007年02月16日

日本の将来推計人口は恣意的?客観的?

経済予測というもの 官はどう作る
推計人口 外れ続きにも"言い分"
実績よりもいつも高めの予測となり、新しい推計を出すたびに下方修正を繰り返してきた重要な政府予測がある。日本の人口の将来像を見通すため、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所がほぼ5年ごとに発表する将来推計人口だ。
(2007/2/9 日経朝刊 5面)

国立社会保障・人口問題研究所が発表する「日本の将来推計人口」といえば、「ここ数十年外れっぱなし」だの「政府の都合で歪められている甘い推計」だのといった悪評紛々だが、人口推計特有の事情にまで言及した公正な記事はこれまで皆無であった。上記の日経の記事では、「むしろ推計に手心を加える余地が無さ過ぎる」「ここ数十年予測が外れっぱなしなのは客観性を重視した結果」などなど、これまで専門家の間でしか知られていなかった事情もきちんと踏まえており、珍しく興味深い記事であった。

「推計モデルの癖を踏まえるべし」という記事の主張は至極ごもっともなのだが、それにしても、上記のような物分かりの良い記事をたまに書いたかと思えば、一方では「当たったためしがない」とケチョンケチョンにこきおろしたり、マスメディアの報道姿勢は人口推計以上に恣意的なようで・・・(汗)。
 
 経済予測というもの 官はどう作る推計人口 (記事全文)






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 年金ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。