2008年10月27日

小説の舞台は「代行返上」から「適年移行」へ!?

企業年金を題材にした小説といえば、幸田真音著「代行返上」余りにも有名(色々な意味で・・・汗)だが、その二匹目のドジョウを狙ってか、近年は「適年移行」を題材とした小説があるのはご存じだろうか。それも二本も。


小説・適年移行小説・適年移行
富島 知也

「年金時代」(社会保険研究所)
2007.6[529号]〜【連載中】

まずは、社会保険研究所から刊行されている月刊誌「年金時代」の連載記事からご紹介。同族企業の社長に就任した若き新米女社長が、怪しげなコンサルタントとともに自社の適年改革に乗り出すというストーリー。明らかに某ベストセラーに感化された設定なのはご愛嬌(汗)。途中から企業買収の魔の手を匂わせるなど工夫している描写もあるが、全般的には植田まさしばりのほのぼの路線。毎回見開き2ページとコンパクトな分量なので、適年移行の概要をサラっと掴むには丁度良い。



適年移行:激動の10日間小説:企業年金制度「適年移行:激動の10日間」
山本 御稔

「別冊会計情報」(監査法人トーマツ)
2006.12[第5号]

一方こちらは、企業年金業務にも注力している監査法人の手による読み切り記事。web版だけでなくpdf版も公開されている。こちらは多国籍企業による買収劇をメインに据えており、適年移行にも関わらず舞台はパリ・メキシコ・アメリカ・ロンドン・琵琶湖etcにまで及ぶなどスケールだけは無駄にデカい。しかし本作の白眉は、日ペンの美子ちゃんをインスパイアしたであろう堂々たる自社PRぶりである。読んでいてペン習字を習いたくなってしまうほどだ(嘘)。

 (そんな自社PRはコチラ)






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 書評:雑誌・連載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。