2009年04月08日

早くも総合型DB設立の動きが加速!?

トラック運送業界初の確定給付企業年金が誕生 (物流ウィークリー)
神奈川県でこのほど、トラック運送業初の確定給付企業年金であるANT企業年金基金が設立される。2012年3月に廃止される適格退職年金の受け皿として期待されており、18日には設立説明会が開催された。
ANT企業年金基金の理事長で、神奈川貨物自動車厚生年金基金理事長でもある筒井康之氏は設立の経緯について、「年金基金の中で適格退職年金廃止後の受け皿をどうするのか、という議論を2年間続けてきた」と説明。「受け皿としては中退共(中小企業退職金共済)もあるが、もう少し柔軟なものがいいのではないかと考え、トラック業界では全国35の年金基金がある中、業界最初の総合型確定給付型企業年金基金制度を設立した」と述べた。
(2009/4/6 物流ウィークリー)

業界の年金基金が業界誌に取り上げられることはよくある話だが、当該業界誌の記事がWeb上に掲載されているのはじつに珍しい。いつぞや発表された規制緩和措置を受けての動きではないにしても、適格退職年金の受け皿として総合型DBが有力な選択肢となり得ることを示唆する記事であった。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2009/2/18): 総合型企業年金の時代が再び到来するか






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 00:02 | Comment(2) | TrackBack(0)
| 年金ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。