2005年12月09日

HP-12C

「逆ポーランド方式」の妖しい魅力!?

HP-12C 金融電卓HP-12C 金融電卓 F2230W

ヒューレット・パッカード 1981-12
売り上げランキング : 7,681
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1981年の発売以来現在でも製造販売されている、技術進歩の目まぐるしい電脳グッズの世界では考えられないロングセラー。管理人がこの電卓の存在を知ったのはつい2年ほど前。かつて「株屋の裏」(←このたび復刻!)という外資系証券マンの日常を綴ったサイトがあったのだが、そこでこのHP-12Cに関するエッセイを読んだのがきっかけ。Internet Archiveにそのログが残っていたので、私の拙文よりもそちらをお読みいただいた方がこの電卓の魅力が伝わるかと。末尾に転載しておく。
以前は日本でも紀伊国屋書店などで日本語マニュアル付きで販売されていたのだが、電卓部門は残念ながら日本から撤退。現在入手する方法としては、海外から輸入するか、ネットオークションで競り落とすか位か(ちなみに管理人はヤフオクで購入。しかも日本語マニュアル付き!)。ご興味のある方は、検索の上検討されたし。
しかし惜しむるかな、プログラム機能を有するため資格試験では持ち込みが著しく制限されているのがイタい。現時点で持ち込みOKなのは証券アナリストとCFAくらいか。

※ ヤフオクの検索結果はコチラ

<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2007/12/20): HP-17BU

─────────────────────────

【2010.9.27追記】
外資系証券マンの日常を綴った傑作サイト「株屋の裏」が、このたび製作者の手により復刻されました!


【2006.11.9追記】
HP-12Cの日本語マニュアルがHP社サイトにupされました。
また、現在は復刻版であるHP-12C Platinumが販売されています。処理速度はコチラの方が上だとか。


HP-12C Platinum 金融電卓 HP-12C Platinum 金融電卓 

ヒューレット・パッカード
売り上げランキング : 17,113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
  
どんな電卓使ってますか? (「株屋の裏」ログより転載)

HPって知ってますか。ホームページじゃなくて、ヒューレット・パッカードのことです。この業界ではHPの金融計算電卓は業界標準となっています。HPのブローシュアにも同じような謳い文句が載ってますが、これは誇張でなくて、本当です。

日系の株屋では、みなさんCASIOやSHARPの10桁とか12桁とかの大き目の、公認会計士さんが使うような電卓を使っています。理系出身の人は関数電卓を使っていて、「私は理系です」と誇示しています。でも外資系に行くと、みんなHP-12Cです。また最近は上位モデルのHP-17B2も多いですね。債券トレーダーなんかの世界では、さらにごっついHP-19B2もたまに使われています。

HP-12Cがどんな電卓か知らない人はほとんど「もぐり」です。この20年前からあるオールドファッションの電卓のどこがいいんでしょうか?どうしてみんなHPを使っているんでしょうか?

その答えは、プロフェッショナルたちがどのような教育過程を経て、今に至っているか、を考えると納得できると思います。米国ではバリューを求めるのに、CFやIRRやNPVなどの複利計算で現在価値を求める方法が主流です。ですから、米国のビジネススクールではHP-12Cが必須です。またCFA試験でもHP-12Cを使って解く問題が出ます。そして現場でも、HPを使って、、、って言いたいところですが、、、

ともかく外資系株屋はみんなMBAですから、昔使ったHP-12Cを、右上の「HPマーク」が取れても、キーがヘナヘナになってクリック感がなくなっても使い続けます。なぜって、RPNと呼ばれるHP独特のキー入力方式になれてしまうと、ほかの電卓が使えなくなってしまうからなんです。これはほとんどHPの陰謀みたいなもので、私なんかHPの電卓を会社用と家用と、2台買うハメになりました。RPNとは「1+1=2」を、「1 ENTER 1 +」とやります。これは死ぬほど便利で、四則計算しか使わなくてもHP-12Cが手放せなくなる道理です。特にHP-12Cは金融関数機能が使い難いんで、しばらく使っていないと、使い方を忘れてしまって四則計算しかできなくなるんですね。

管理人注:RPNとは「逆ポーランド方式」の事。上記の入力例ではその良さは分からないが、(1+2)÷(3+4)のような計算式で威力を発揮する。この場合、「1 ENTER 2 + 3 ENTER 4 + ÷」となる。「1と2を足したものを3と4を足したもので割る」と日本語で思考する感覚に近い。RPN逆ポーランドで検索するとかなりヒットするので、興味のある方は試されたし。

ちなみに現場の世界でキャッシュフローの複雑な計算は、言うまでもなくスプレッドシートを使います。だからHPの出番は、もはや試験とRPNしか残っていません。それでもみなさん、ぼろぼろのHP-12Cを愛していらっしゃいます、私も含めてですけれど。

(追伸:新しくHP電卓を買うのであれば、HP-17B2をお勧めします。メニュー方式で使いやすいです。でもHP-12CのほうがMBAっぽくてカッコいいなー)

HP-12Cはこんな電卓です ← HP Museum







 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0)
| こだわりグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。