2008年10月07日

企業年金連合会の年金フォーラムを観覧

本日開催された企業年金連合会主催の年金フォーラムを観覧した。所感は以下の通り。

◆基調講演1
元大蔵事務次官にして日銀総裁になり損ねたため大和総研理事長に天下った武藤敏郎氏による経済・金融情勢。データを用いた解説は説得力はあったが、講演者が武藤氏である必然性は感じなかった。

◆基調講演2
社会保障国民会議の座長を務める吉川洋東大教授による講演。経済学者にありがちなアンチ賦課方式&消費税マンセー主義者かと思いきや、賦課方式の安定性にも理解を示すなど、意外にもまともな御仁だった(客層に阿っただけかもしれぬが)。講演内容から特段の示唆は得られなかった。

◆パネルディスカッション
昨今の市況低迷を反映したかのような、何とも盛り上がりに欠けたディスカッションであった。唯一印象に残ったのは、モルスタ社長の日本株へのポジティブシンキングぶりくらい(汗)。

以上、付記事項なし。






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 22:44 | Comment(3) | TrackBack(0)
| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はお見かけしました。
素晴らしい集客。
私もあまり期待せず行ったんですが、意外や意外面白いものを聞かせていただきました。よくよく考えたら、司会を含めて運用会社寄りでしたね。松下も運用会社の社長ですから、基金の立場なのか微妙。何で現職の基金の人がこないのか。結局皆さんお友達つながりでしょうか。
Posted by 通りすがり at 2008年10月08日 23:44
アルカイヤ社長は「ノーアクションはだめだ」とのコメントが最大のクライマックスかと思いましたが、そのあとが続きませんでしたね。残念、無念。年金は長期運用だから皆さんじたばたしないでください的なものだったらどうしようかと思いましたね。
Posted by 通りすがり at 2008年10月08日 23:47
> 通りすがり様
コメントありがとうございます。
まあ、後日雑誌の記事として出る頃には、当日示されなかった数々の考察が追加されることでしょう(汗)。
Posted by tonny_管理人 at 2008年10月09日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。