2008年11月26日

「脱=「年金依存」社会」

豪華執筆陣だったことに今更ながら気がついた・・・(汗)

脱=「年金依存」社会脱=「年金依存」社会
別冊環 (9)

神野 直彦、田中 優子、原田 泰、田中 秀臣 ほか

藤原書店 2004-12
売り上げランキング : 553,523
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

他分野の識者による、雑多かつ多彩な年金論
著名な経済学者から歴史学者や社会学者、更にはノーベル賞学者に至るまで多彩な執筆陣による、各々の専門分野から年金の本質と社会との関係性について論じている一冊。確かに豪華執筆陣ではあるものの、収録されている論文はまさに玉石混交。いたく目を見張るものがあるかと思えば、自説の開帳に終始したり、表層的な知識や根拠のない思いつきのオンパレードなものもあり、このような論文集特有の雑多さを「多面的」と見るか「方向性が不明瞭」と見るかは、読者によって判断の別れるところである。
とはいえ、年金議論が盛り上がりを見せている割には議論に加わる面子が固定されがちな昨今、他分野の識者の意見をこのようにまとまった形で読めるという意味では貴重な一冊である。
(2005/2/25 amazon.co.jpへの投稿レビュー)

↑・・・とまあ、約3年半前(まだ当BLOGも開設していなかった)に本書を読んだときの感想は「色んな所から寄せ集めたね( ´_ゝ`)フーン」程度の感想しか持たなかったが、現在になって読み返してみると、"寄せ集め"という言葉で括るには畏れ多い豪華執筆陣であったことに今更ながら気が付いた次第。ノーベル賞経済学者のスティグリッツは別格として、『さらば財務省』を皮切りに現在一躍ブレイクしている高橋洋一氏や、『経済学という教養』の稲葉振一郎氏らが名を連ねていることをスルーしていたとは、何という不覚。己の不見識を心より恥じる。 _| ̄|●






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(1)
| 書評:公的年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

脱=「年金依存」社会
Excerpt: 脱=「年金依存」社会神野 直彦おすすめ平均 他分野の識者による、雑多かつ多彩な...
Weblog: tanaBLOG
Tracked: 2009-05-05 16:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。