2009年02月13日

「これでなっとく 金融数学の基礎知識」

金融工学の超入門書 ハードルの低さが長所(であり短所!?)

これでなっとく 金融数学の基礎知識これでなっとく 金融数学の基礎知識
藤田 岳彦

講談社 2000-12
売り上げランキング : 317,822
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とかくとっつき難い金融工学の概念を、「日本シリーズ」「イチロー」「宝くじ」等になぞらえて平易に解説する様は、秀逸の一言に尽きる。また、この手の入門書にありがちな文系向けの文章による解説に終始することなく、理系向けの数式等による解説も並行して掲載するなど、著者の確固たる理論的蓄積をもうかがわせる出来に仕上がっている。刊行から8年以上経過しているが、金融工学の専門用語に拒絶反応を覚える向きにとっては、依然として格好の入門書である。
唯一の欠点は、他の金融工学入門書とのレベル差を考慮すると、本書のハードルがあまりに低過ぎるため、2冊目選びに苦慮することくらいか(汗)。






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 書評:金融・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。