2009年03月07日

日本大学文理学部「年金制度講演会」を観覧

本日は、以前当BLOGでも告知した日本大学文理学部数学科アクチュアリーコース主催「年金制度講演会」を観覧した。演題は、年金数理人の久保知行氏による「日本の公的年金の現状と課題」、元厚生省年金数理課長の田村正雄氏による「年金数理から見た公的年金制度」、および楠岡成雄東京大学教授による「大学におけるアクチュアリー教育」の3本。
とりわけ田村氏の講演は、戦前の労働者年金保険(厚生年金保険の前身)の時代から財政再計算の過程および保険料率の推移を解説した資料的・歴史的価値の高い内容で、声が小さくて聞き難ったものの目から鱗の連続であった。公的年金の保険料や給付水準の歴史って、つまるところ、制度の持続性を重視する行政サイド一般大衆受けを重視する政治サイドとの対立あるいは妥協の歴史でもあるのだった。こうした当時の経緯を踏まえずに、現在の常識のみで公的年金を語るのは本質を大きく見誤る危険があると改めて感じた(なにも年金に限った話ではないが)。なお、経済学者は何かというと賦課方式を目の敵にするが、そもそもわが国で賦課方式を主張し始めたのは当時の高名な経済学者だったらしい(苦笑)。

それにしても本日の講演会、収容人数300名を誇る最新鋭の会場にも関わらず、観覧者数は50〜60人と空席が目立った。これは明らかに周知宣伝不足であろう。せっかく内容の濃い講演会だっただけに、実に勿体無かった。


◆久保知行氏の著作  ※当BLOGのレビューはコチラ
年金改革の原点―「年金の鬼」からのメッセージ年金改革の原点―「年金の鬼」からのメッセージ
久保 知行

ぎょうせい 2005-09
売り上げランキング : 589,619
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆田村正雄氏の著作  ※当BLOGのレビューはコチラ
やさしい年金財政やさしい年金財政
田村 正雄

社会保険広報社 1998-01
売り上げランキング : 639,206
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(1)
| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハーバード大が世界の大学番付首位 vs東大
Excerpt: 世界一のリッチ大学 ハーバード アジア一のリッチ大学 香港大学 そして日本一のリッチ大学かどうか知らんけど、誰でも知ってる我らが東大。 東大は果たしてどの程度"リッチ"なのか? 続いて、損益計算書を見..
Weblog: 投資一族のブログ
Tracked: 2010-10-04 21:11