2009年03月21日

マッチング拠出の支持率はたった6割弱!?

確定拠出年金 マッチング拠出導入 企業の59%が積極的 (NIKKEI-NET)
企業が拠出する確定拠出年金(日本版401k)の掛け金に従業員個人が資金を上乗せする「マッチング拠出」を導入したい企業の割合が59%に上ることが、確定拠出年金教育協会(東京・中央)の調査でわかった。
(2009/3/21 日経朝刊 3面)

マッチング拠出なんて企業が身銭を切るわけではないのだから、企業サイドの支持が多くって当たり前だと常々思っていただけに、今回の59%という数字は正直物足りなさを感じた。(だから日経の扱いも小さめ?)。むしろ、支持しない理由として「事務局の手間がかかる」が47.8%(大企業では83.3%)が挙げられていることの方が興味深い。企業拠出と加入者拠出を混在させるとなると、区分管理のための何らかのコストがかかることは必定だけに、企業、加入者、そして運営管理機関の今後の動向が気になるところ。
なお、今回の調査の実施元であるNPO法人確定拠出年金教育協会のwebサイトを参照したところ、当該調査結果はまだ公表されていない(2009年3月21日午前10時現在)。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2009/2/10): マッチング拠出など砂上の楼閣!?






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(1)
| 年金ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

老後のための自助努力
Excerpt: 日本版401Kといわれる確定拠出年金が使いやすくなりそうです。企業が拠出する掛け金に従業員個人が資金を上乗せする「マッチング拠出」を認めるとともに、掛け金の非課税限度額を引き上げるということです。(..
Weblog: FPの眼
Tracked: 2009-03-21 18:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。