2009年05月26日

HP電卓を快適に使いこなすための2冊

当BLOG管理人御用達の金融電卓HP-12CおよびHP-17BU。今回は、そんなHP金融電卓を使いこなすための書籍を幾つかご紹介しよう。


カッコのない国カッコのない国 (はじめて出会うコンピュータ科学)
村井 宗二

岩波書店 1990-05
売り上げランキング : 323,927
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1990年に岩波書店から刊行された「はじめて出会うコンピュータ科学」シリーズの第4冊目。HPの金融電卓は、逆ポーランド方式(RPN)と呼ばれる独特の入力方式が特色で、複雑な式でもカッコを全く使わずに計算することが可能である。このRPNの仕組みを、本書では「ほら穴式計算法」と称して解説している。


HP12cによる ときめきひらめき金融数学 (mag2libro)HP12cによる ときめきひらめき金融数学 (mag2libro)
木村 弘之亮

パレード 2008-10-15
売り上げランキング : 31,720
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

一方こちらは、昨年刊行したばかりのHP-12Cに特化した解説書。入力方法そのものよりは、CFやIRRやNPVなど各種ボタンの使い方を指南するといった趣き。もっとも、HP-12CHP-17BUの日本語マニュアルを既に手にしている向きにとっては、敢えて買いに走る必要性は薄いかもしれない。あと、「ときめき」「ひらめき」というタイトルは正直恥ずかしい(汗)。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2007/12/20): HP-17BU
The企業年金BLOG(2005/12/9): HP-12C



 ←気が向いたら是非クリック願います

【こだわりグッズの最新記事】
posted by tonny_管理人 at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(0)
| こだわりグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HP12cによる ときめきひらめき金融数学にちょっとひかれていましたが、マニュアルとそう違いはない感じですか?
Posted by hp12c at 2010年01月28日 00:01
> hp12c様
コメントありがとうございます。
内容面だけで言えばマニュアルと大差はありません。しかし、著者が日本人だとやはり日本人の感性に沿う書き方をしているなとは感じます。
Posted by tonny_管理人 at 2010年01月30日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120269898

この記事へのトラックバック