2009年05月27日

適格退職年金の2009年3月末の状況

毎年5月下旬に公表される「企業年金の受託概況」が、今年も信託協会生保協会JA全共連の連名によりリリースされた。

 ◆企業年金の受託概況(平成21年3月末現在)

 20090527nenkin-jutaku2008.jpg

  ■信託協会のリリース
  ■生保協会のリリース
  ■JA全共連のリリース
 (注)上記3つのリリースはいずれも同じ内容。

上記の3団体が公表している「企業年金の受託概況」では、適年の他にも厚生年金基金と確定給付企業年金の状況も掲載されている。この2制度については厚生労働省や企業年金連合会からも精緻な統計数値が公表されるが、適格退職年金に関する統計は、事実上この「企業年金の受託概況」でしか把握できない。適格退職年金の監督官庁は国税庁だが、この辺の監督体制はかなりアバウト。適年が他の企業年金制度への移行を余儀なくされたのも、この点が問題視されたとの説もある。

さて本題に入ろう。上記によると、適格退職年金は2009年3月末で契約件数25,441件(前年度比▲7,384件)、加入者数348万人(前年度比▲94万人)となった。以前紹介した「年金情報」誌の記事では25,464件と書かれていたがどうやら修正が入った模様。契約総数は3万件の大台を下回ったとともに、減少数も3年ぶりに7千件台に達した。なお、過去2年間に比べて、加入者数の減少幅が大きくなっているのが目立つ(06年度は▲63万人、07年度は▲64万人)。加入者数の多い大規模適年が移行(あるいは廃止)に踏み出しつつあるのだろうか。
一方、資産残高は8兆1,319億円(前年度比▲3兆6,114億円)と、こちらも10兆円の大台を割り込んだ。しかし、08年度は前年度以上に資産運用環境が低調だったにも関わらず、減少幅は前年から若干低下した程度(07年度の減少幅は▲3兆8,820億円)に収まっているのはやや不可解。適年は生保一般勘定による運用が主体であることと関連があるのかもしれないが、ここでは深く論じない。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2010/5/28): 適格退職年金の2010年3月末の状況
The企業年金BLOG(2008/5/30): 適格退職年金の2008年3月末の状況
The企業年金BLOG(2007/5/25): 適格退職年金の2007年3月末の状況
The企業年金BLOG(2006/5/26): 適格退職年金の2006年3月末の状況






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0)
| データで見る企業年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。