2009年10月27日

「週刊東洋経済」2009年10月31日号

ジャーナリスト、経済学者、評論家に騙されるな! 年金破綻論の嘘を暴く

週刊東洋経済 2009年10月31日号週刊東洋経済 2009年10月31日号 [雑誌]

東洋経済新報社 2009-10-26
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ここ10年から15年、この手の雑誌・新聞・テレビ等で展開される年金特集と言えば、センセーショナルな「年金破綻論」「年金不祥事」が幅を利かせるのみで、これまで実務家・専門家からの真っ当な反論が取り上げられることは皆無であった。本誌は、特集のタイトルこそ「民主党政権でどう変わる?!」とあるが、中身を読むと、年金にまつわる数々の誤解を懇切丁寧に紐解く良質な記事に仕上がっている。とりわけ過激なのは、PART2の「年金不信はなぜ広がった?」。間違った年金破綻論に惑わされないためのポイントを分かり易く伝授するだけでなく、「世代間不公平論」「積立方式移行論」といった具体的な主張の矛盾点を的確に炙り出し、更にはこれらの主張を展開してきた政党、マスメディア、経済学者等を実名でぶった斬る容赦のなさ。
年金実務に携わる当BLOG管理人からすると、「東洋経済だって年金不信拡大の片棒を担いできたくせに、何をいまさら!?(コレとかコレとか)」とも思わなくもないが(汗)、ともあれ、もう一方の見解にもようやくスポットライトを当てたことについては率直に評価したい。結局のところ、公的年金を何とかするためには経済成長率と出生率を何とかするしかないわけだが。さて今後は、本誌で名指しでダメ出しされた御仁からの反論も期待したいところだ。反論と言っても、こんな水掛け論は論外だが(汗)。

なお、本日の企業年金フォーラム2009企業年金連合会主催)で、基調講演を行った権丈善一慶応義塾大学教授も本誌を推奨・絶賛していた。



 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:37 | Comment(6) | TrackBack(2)
| 書評:雑誌・連載記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、厚労省(社保庁)の所掌事務を削ったり、徴収実務を国税庁に任せたり、民主党様が4年来主張されてこられた「税と社会保険料を併用した、社会保険方式を利用した新年金制度」を実現したり、或いは完全積立方式化したり完全民営化しても、経済成長率と出生率が現状のままでは、結局のところ負担と給付に劇的な変化は無いですし。

少なくとも現行方式に関する記述に関しては、現行法令を精読する限りは、誤りは無いように思いました。
Posted by 素人の浅知恵 at 2009年10月28日 13:48
> 素人の浅知恵さま
いつもコメントありがとうございます。
以前当BLOGでも紹介した「公的年金にまつわる10の神話」もオススメです。
http://dbdc.seesaa.net/article/110752608.html
Posted by tonny_管理人 at 2009年11月03日 00:31
 バイオラバー事件経由できたのですが、東洋経済のこの号についても興味があったので、コメントします。あ、はじめまして。
 私は「年金は破綻している」と思っていたので意外でしたが、そもそも「財政が破綻している」と考えると、「年金国庫負担」が将来不可能となるとなり、やはり「年金は破綻しているのではないか」と思うのですが、いかがなものでしょう?
Posted by ホルダー at 2009年11月03日 20:08
> ホルダー様
コメントありがとうございます。
債務超過に陥れば即刻アウトなのか、それとも、事業を継続しているうちはセーフなのか、「破綻」の定義によって見解は異なりますよね。個人的には、今のところ国家や公的年金は不渡りを出した訳ではないので、破綻と結論付けるには早計かと存じます(破綻しないための方策は別途必要ですが)。
Posted by tonny_管理人 at 2009年11月05日 01:31
>「破綻」の定義によって見解は異なりますよね

 そこなんですよね。
 企業だってある程度は負債を抱えているし、徴税権があるし、返済猶予とかもないので、今のところ「財政破綻」とは言えないでしょう。だから「年金破綻」も言えない。
 しかし、年金が「100年安心」かと言われると、財政がプライマリーバランス赤字の現在、とても安心ではないでしょう。
 「年金不信」とか「年金不安」くらいの言葉は、妥当かと思います。
 
Posted by ホルダー at 2009年11月07日 09:29

> 「年金不信」とか「年金不安」くらいの言葉は、妥当かと思います。

まったく以って仰せのとおりです。
ただ、高齢社会が目前に到来している以上、年金制度(公的・私的を問わず)の必要性は論を待たないので、不信・不安を抱きつつもやりくりするしかないのでしょう。
なお、「100年安心」というチンケなスローガンは、政治家サイド(特に公明党)がゴリ押ししたものなので、その責を厚生労働省ばかりに問うのは酷かと(汗)。
Posted by tonny_管理人 at 2009年11月08日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年金がこれでわかる?!
Excerpt: 年金不安は相変わらずメディア等で煽られてますお堅い雑誌ですが不安な方は読んでみては?「週刊東洋経済」10/31日号以前にも年金問題のウソについて書いたけどこの記事を読めばほとんどの問題がすっきりします..
Weblog: だめ男のだめ日記
Tracked: 2009-10-28 08:46

この雑誌面白かったです
Excerpt: ぽぽです。暫くぶりの日記です。久々に読み応えのある雑誌を見つけたので、ご紹介年金にまつわるさまざまな誤解や政治家達の思惑・・考えさせられました。高齢者の皆さんが年金で暮らせていることを羨む30代・・実..
Weblog: わんこの年金教室
Tracked: 2009-11-08 18:49