2009年11月30日

進展ゼロなのに1面掲載ですかそうですか

確定拠出年金 企業型 個人も掛け金 (NIKKEI-NET)
厚生労働省は企業年金の一つである確定拠出年金制度を拡充する方針を固めた。企業が掛け金を出す「企業型確定拠出年金」に個人も掛け金を拠出できるようにするほか、積立期間の上限を現行の60歳から65歳に引き上げる。中小企業を中心に利用されている適格退職年金制度は2012年3月末に廃止になる予定で、その受け皿としても使い勝手をよくする狙い。早ければ来年の通常国会に関連法案を提出する。
(2009/11/30 日経朝刊 1面)

朝刊の1面を飾るほどだから、マッチング拠出の法案が国会を通過でもしたのかと思いきや、さに非ず。内容は、単に「方針を固めた」「税制改正要望に織り込んだ」という伝聞・憶測だけ。議論がちっとも進展していないのに、よくもまあこんな中身の無い記事を1面に掲載したものだ(汗)。よっぽどネタ枯れだったのか?
繰り返すが、現在議論されているマッチング拠出本来のマッチング拠出とは違い、企業型DC加入者のみが対象であり、国民のごく一部(主に高給サラリーマン)しか税制優遇の恩恵を享受できない。特定階層のみを利するような不公平な税制優遇を求める前に、自動移換者を大量に生み出す構造的欠陥をまず是正するのが先決だろうに。自動移換者が正規移換者とほぼ同数なんて杜撰な制度が、国民の老後所得保障に真に寄与するとは到底思えない。

正規移換と自動移換の対比(国民年金基金連合会)
  正規移換と自動移換の対比


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2009/6/9): 頭を冷やす良い機会かと
The企業年金BLOG(2009/3/21): マッチング拠出の支持率はたった6割弱!?
The企業年金BLOG(2009/2/10): マッチング拠出など砂上の楼閣!?






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 22:13 | Comment(9) | TrackBack(1)
| 年金ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 確かに自動移換者は多いですが、これは会社からの説明不足が原因だと思います。私が勤めている会社では退職時にきちんと説明していますので、一人もいません。いた場合は運管から連絡があり、改めて会社からも移換するよう促す仕組みになっています。DCは会社側の論理から導入しているのですから、そのくらいは当然です。自己責任も少しはあると思います。
 また今回のマッチング拠出案が高級サラリーマン優遇というのは理解できません。拠出限度枠内での個人拠出ですからむやみに拠出を増やすことはできないと思うのですが。
 今回の法案は投資の浸透と投資を少しでも有利に行うという点での前進と考えます。
 月曜日の紙面は仕込み種(前もってあたためていたネタ)が多くなります(記者も日曜は出勤者が少ないですから)。
Posted by タミー at 2009年12月01日 22:40
> タミー様
コメントありがとうございます。御社では自動移換者を一人も出していないとのこと、素晴らしい事務運営ですね。尊敬致します。
さて、私が今回の法案に異議を唱えているのは、このマッチング拠出が企業型DC加入者のみを対象としており、(中小企業サラリーマンが主体の)個人型DC加入者には認められていないからです。拠出限度枠内の僅かな金額だとタミーさんはお考えでしょうが、だからといって、企業型DC加入者を個人型DC加入者よりも優遇することを正当化するものではありませんし、租税の公平性を著しく欠くものと私は考えます。マッチング拠出の前に、企業型と個人型との拠出限度額の格差是正など、やるべきことは他にあります。
Posted by tonny_管理人 at 2009年12月02日 01:28
政務三役が法案提出を認める方針を示したのかと思いきや、「厚労省の政務三役は前政権が検討していた改正内容が老後の生活の安定に不可欠と判断した」「ほぼ同じ内容を盛り込んだ法案が国会に提出されれば、成立する可能性は高いとみられる」とはなんたることや。昨年の新聞記事と何が違うのか。

見出し「積み立て65歳まで給付手厚く」なんてひどくない?。資格喪失年齢を60歳から65歳に引き上げるのは、老後の給付を手厚くしたいからですか。60歳以降も働く人が増えている実態があるのに、整合させるだけなんじゃないのですか。厚生年金は65歳に引き上げられているし。個人型に認められないのは、国民年金の加入資格は60歳までだから。これが引き上げられれば、個人型も60歳以降も掛金出せるようになりますかね。
運用商品の除外など非課税措置がいらない方策も法案にドサクサ紛れで盛る込むんじゃないですかね。
いずれにしても、企業型個人型なんで分けて作っちゃったのというところに行き着きますね。自動移管者も問題、転職時に強制決済、70歳時の自動裁定もしかり。ポータビリティを売りにしている割に、ぜんぜん機能していない確定拠出年金。含み損があれば、実現してしまう問題をクリアするのが先決のような気もします。

またまたレコードキーパーたちが踊りますね。勇み足で開発を再開するか、法案成立まで見守るか。法案提出されても準備期間との関係で2011年1月スタートが最有力でしょうか。

Posted by 通りすがり at 2009年12月02日 21:43
タミーさんのご指摘の通り、会社の説明不足もありますが、何をどう説明すべきかまで会社にゆだねるからこんなことになったような気もします。厚労省が継続教育の定義もあいまいにしているように、きちんと通知もださないんだから。不明確な実態があるのだから、明確化することくらいできるんじゃないのですか。NPOや企業年金連合会に頼っちゃおしまいでは?自動移管者問題にしても国基連などが提言しましたから、厚労省がどういうものを出してくるのか、お手並み拝見ですね。
Posted by 通りすがり at 2009年12月02日 21:50
ついでに言えば、マッチングが実現するにしても、どれだけの人が出しますかね。大いに疑問。厚労省などが個人のお金を突っ込むんだから運用にも関心を持つと見られるというのは大いなる幻想のような気がします。管理人さんや皆さんはどう思いますか?制度創設の某企業年金課長はすでに天下ってますし、某審議官は「自己責任の制度だから」の一点張り。導入の是非、導入時期、運営管理機関、運用商品ラインナップを会社が決める以上、運用責任は個人が負うってのは酷な制度じゃないですか。

公的年金の過去5年、10年平均利回りをみても、どれだけの利回りが取れているんですか。運用知識も関心もなく、やりたくもない人がいくらやったってうまくいくはずないんですよ。儲かるのは業者だけ。導入してしまえば、加入者の多くが何年も放置してくれるおいしい商売ですもの。
Posted by 通りすがり at 2009年12月02日 21:56
> 通りすがり様
コメントありがとうございます。
貴見には当BLOG管理人もおおむね賛同するところです。そりゃ一般の加入者だったら、拠出枠が上がること小躍りしてしまうのは致し方ないとして、診断士・社労士など専門家を称する輩まで「投資の浸透です!(キリッ)」などと浮かれているようでは、お里が知れますね(汗)。
予断ですが、マッチング拠出について、「身銭を切れば資産運用に本気で関心を持つ」と主張しているのは、金融機関や401k教育協会などの業者連中です。この点で厚労省を責めるのはやや酷かと。
Posted by tonny_管理人 at 2009年12月05日 21:52
ちょっとした素朴な疑問です。
「本来のマッチング拠出」とは何でしょうか?

個人的には企業と雇用者が出し合うならそれが「マッチング拠出」と考えていました。
自営業のような人はそもそもマッチング拠出してくれる企業がありませんし、そうすると今のマッチング拠出がマッチング拠出のあるべき1つの姿という気がしています。

他に投資教育、拠出限度額、投資対象商品、税制他のポイントは問題はありますが、これはマッチング拠出とは別のテーマですし・・・
Posted by 吊られた男 at 2009年12月11日 22:00
> 吊られた男さま
コメントありがとうございます。
本家米国の401(k)は個人拠出が主体でして、そこに企業が掛金を上乗せすることを「マッチング」と言います。ただしマッチングは任意で行うものですので、不景気になれば容易に減額・停止されます。
http://dbdc.seesaa.net/article/114017969.html

一方、日本の企業型DCは(既存の退職金・企業年金制度の受け皿にするため)企業拠出がメインですが、さて、従業員からの拠出も解禁されるとなると、拠出余力の無い企業はどのような行動を取ると予想されるでしょうか?
Posted by tonny_管理人 at 2009年12月15日 03:34
tonnyさん、

ありがとうございます。
それでも本来のマッチング拠出の意味がイマイチ掴めないのです。

結局はアメリカも日本も会社の業績が厳しくなれば企業が拠出額を引き下げられることには変わり無いように思います。また、アメリカのやり方もアメリカ式と言うだけで別にそれが本来と言うことでもなさそうですし・・・
Posted by 吊られた男 at 2009年12月19日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4001Kの積み立て年齢が65歳!
Excerpt: 厚生労働省は、企業年金の一つである、確定拠出年金制度の拡充方針を固めたようです。企業がお金を出す、企業型確定拠出年金に個人拠出や積立期間の上限を65歳までに延長して、中小企業が利用する適格年金制度は2..
Weblog: 勝手気ままなFP独り言
Tracked: 2009-12-06 14:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。