2006年03月17日

国内債券偏重は配分ミスだって!?

公的年金の運用益、過去最高に 05年度見通し (NIKKEI-NET) 
株価の上昇を追い風に、公的年金の一部を運用する年金資金運用基金の2005年度の運用益(時価ベース)が過去最高を更新する見通しだ。同基金が15日に発表した運用実績によると、05年4―12月の運用益は7兆4300億円。過去最高だった03年度の年間4兆7200億円を上回る。好調な運用が続けば年金財政に好影響を与えそうだ。
(2006/3/16 日経朝刊 7面)

前回(第2四半期)の日経新聞の扱いはすごぶる小さいものだったが、さすがに今度は扱いがデカイっす。まあこの株高局面では、いくら債券中心運用でもある程度の利回りが出ることは自明の理。ここは一喜一憂せず見守る事としよう。

ところがこの期に及んでも運用結果にケチをつける輩が後を絶たないのだから、その偏執狂ぶりには頭が下がる物事とはいくらでも多面的に見られるものなのだなあ(棒読み)。「粉飾決算では?」なんて妄想はさておき、当BLOG管理人が贔屓にしているメルマガでの指摘には唖然とした。以下にその一部を引用する。

10秒で読む日経!視点が変わると仕事と投資のネタになる
(記事リンク)
(中略)予定利率が3.2%にもかかわらず、利回りが1%強の国内債券に資産の3分の2を配分しており、このマイナス幅を他の国内外株と外債で挽回する方針だ。
それでも、今期は日本株や外国株が大きく上昇したために、こんな無茶な資産配分でも予低利利率以上の利回りである10%弱にまで利回りが向上した。
しかし、最初から赤字と決まっている国内債への配分を減らして、他の資産クラスに配分しておけば、今年のリターンはもっと高かったし、年金財政も一息つけた。
(中略)この配分ミスを厚生労働省に強く責めることが必要だ。
(以上、上記メルマガ2006.3.16記事より引用)

つまり「資産配分が国内債券に偏重しているため株高の恩恵に与れなかった」と言いたいらしい。一面的には正しい見方ではある。資産配分は運用結果の80〜90%を左右すると言われてるくらいだ。しかし上記の記事は、現在のポートフォリオが組成された検討経緯を無視している点で暴論の部類に入る。

現在の公的年金のポートフォリオは、折りしも数年前のマイナス運用利回り時代に協議・検討されたものだ。当時(2002〜03年頃)は、公的年金に限らず企業年金の世界でも「株式運用する奴は白痴」と非国民呼ばわりされた時代だ(汗)。国会審議でも株式運用に関する批判が相次ぎ、それを受けて現在の国内債券偏重のポートフォリオになったという経緯がある。

つまり、上記メルマガが「もっと株式につぎこむべし」と主張するのであれば、来年度以降マイナス利回りに陥っても「ベンチマークさえ上回れば問題ナシ!」と擁護しなければ一貫性を欠く。でも運用が低迷してたらしてたで違う難癖をつけるんだろうなあ多分。まあ資産運用なんて、後付けで何とでもケチ付けられる分野だし(溜息)。「最初から赤字と決まっている国内債」なんてまさに事後批判。
そんなの事前に言えよ事前に!


当BLOG管理人も贔屓にしているメルマガだけに、今回のコメントは残念であった。行政を批判すれば知的に見られるとでも思ってるのだろうか? とはいえ他に学ぶべき事が多いメルマガなので、これしきの事で購読ストップはしないがね。まあ是是非非つうことで。なお公的年金運用に関する課題等については、昨日紹介した「年金2008年問題」に詳しく載っているので、興味のある方は是非。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG: 公的年金運用、過去最高の黒字
The企業年金BLOG: 「年金2008年問題」






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(1)
| 年金ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

産業再生機構について言及しています。
Excerpt: 産業再生は今後どうなるのでしょうか。
Weblog: 人生のババ抜き劇場
Tracked: 2006-03-18 00:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。