2010年07月31日

積立不足額と新聞の注目度との相関は・・・!?

上場企業の年金積み立て不足、3月期末、運用改善で3年ぶり減少 (nikkei.com)
足元は再び悪化懸念も
上場企業の年金積み立て不足が2010年3月期末、3年ぶりに減少した。積み立て不足は合計8兆8455億円と09年3月期末に比べ33%減った。前期は日経平均株価が37%上昇するなど国内外の株価回復で年金基金の資産運用が改善した。ただ足元では株安・円高が進んでおり、年金財政が再び悪化する懸念が強まっている。
(2010/7/22 日経朝刊 13面)

そりゃ退職給付会計は時価評価が原則なのだから、運用環境が良ければ積立不足は減るし、逆に運用環境が悪ければ積立不足は増えるのは至極当たり前の事象。一喜一憂するほどの事ではない。しかし、退職給付会計に関する日本経済新聞の報道姿勢には疑問が多い。同トピックにおける直近5年間の報道記事を見れば一目瞭然↓

 ・2010年7月22日 (朝刊13面)「3月期末、運用改善で3年ぶり減少」
 ・2009年7月15日 (朝刊1面)「企業年金 積み立て不足13兆円」
 ・2008年8月27日 (朝刊1面)「年金積み立て不足額3.6倍 5年ぶり増」
 ・2007年9月19日 (朝刊17面)「企業の年金積み立て改善」
 ・2006年9月8日 (朝刊17面)「年金積み立て不足 7割減」


ご覧の通り、運用環境が良好な時はベタ記事扱いで、昨年および一昨年のような悪い数値が出たときに限って一面で大々的に取り扱っている。まさに「積立不足額」と「新聞で何面に来るか」は逆相関の関係にある。単に数値の大小で一喜一憂する様は、とても日本を代表する経済専門紙の所業には非ず。こんなトンマな記事でも、日経の一面だというだけで真に受ける輩は多いだけに、尚のこと始末が悪い。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2008/8/27): ネガティブな内容でなければ一面は飾れない!?






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 年金ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。