2010年10月02日

2年目で早くも寂れつつある「確定拠出年金の日」

2001年10月1日に確定拠出年金法が施行されたことにちなみ、NPO法人確定拠出年金教育協会(401k教育協会)が昨年制定したのが確定拠出年金の日。しかし、制定記念イベントが大々的に行われた昨年とは違い、今年は確定拠出年金の日がクローズアップされたという話を寡聞にして知らない。名付け親の401k教育協会に至っては、今年に入りホームページのコンテンツを大幅縮小した上に、昨年掲載していた確定拠出年金の日の宣言まで削除する始末。やる気があるのか(汗)。

唯一、確定拠出年金の日について言及していたのが、大和総研の村山俊明氏のコラム。しかし中身を読むと、「元本確保型商品が過半数を占めるのは、加入者が無知だから」「加入者を教育するためにも、想定利回りに着目せよ」という噴飯ものの駄文。「元本確保型商品だけでは退職目標額に到達しない恐れが」と煽るが、そんなの投資信託のウエイトを増やせば解消する問題でないことは、2008〜09年の資産運用環境を振り返れば一目瞭然だろうに。まあ、シンクタンク研究員のレポートだと思うから粗が目に付くのであって、株屋の投信販促記事だと思えば腹も立つまい。

当BLOG管理人が思うに、確定拠出年金の普及が進まない最大の理由は、上記のコラムに代表されるように推進派にロクな輩がいないことに尽きる。手数料狙いの金融業者オピニオンリーダー気取りの経済評論家預貯金を過度に蔑む投資バカに確定拠出年金の素晴らしさを聞いても、「投資信託が安く買えまっせ」「確定給付型の企業年金はダメダメ」「貯蓄から投資へ(笑)」という的外れな回答しか返ってこない。確定拠出年金のポジティブな意義を世間に広めるうえで、こうした不埒な輩の妄言は害毒でしかない。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2009/10/1): 10月1日は「転がし計算の日」に決まってるだろ



 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(1)
| 管理人の近況・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログを歩けば401k情報が・・・
Excerpt: なんとなく虫の知らせでブログをいじらんとなと思っていたら・・・。 Werder Bremenさんの書き込みととよぴ~さんのところの記事にぶつかったり。 ほむほむ。地味に競争しているんですな~。 ..
Weblog: 会津のさむ、また~り日記
Tracked: 2010-10-10 11:46