2010年11月29日

完全積立方式 ─ 「利息だけで生活」を具現化

完全積立方式 (complete funding method)
  準備時期 : 加入前
  準備形態 : 一括払い(制度開始までに全額用意)
  準備方法 : 運用収益のみ

完全積立方式という言葉は、「完全な積立」という語感が災いしてか、賦課方式の反対概念として事前積立方式全般を指す意味で使われることが多い。しかし、これは大きな誤りである。
年金数理における完全積立方式とは、「年金給付に要する費用を事前に全額用意し、給付を運用収益のみで賄う」という仕組みである。例えるなら、庶民なら誰しも一度は考える「宝くじで一等前後賞が当たれば一生利息だけで食って行ける!」という妄想を具現化した方式である。かつて松下幸之助が提唱した無税国家論もこの考え方に近い。完全積立方式では、給付を積立金の利息のみで賄うため、掛金負担は一切要しない。これは、運用収益を当てにせず掛金のみで給付を賄う賦課方式とは対極に位置する財政方式である。

しかし、完全積立方式を実施するためには、利息だけで給付が賄えるだけの莫大な積立金を用意しなければならない。例えば、現在の日本の公的年金の年間給付総額(約45兆円)を全額運用収益だけで賄おうとすると、以下の規模の積立金が必要となり、いずれも現在の日本の公的年金積立金の規模(約200兆円)を遥かに凌駕する。また、運用利回りの見込みによって積立金の規模が大きく異なっているが、これは、資産運用の不振による運用収益の低下が即座に給付に影響するという完全積立方式の特性を如実に物語っている。

  ・年5%で運用する場合:  900兆円 (=45兆円/0.05)
  ・年3%で運用する場合:1,500兆円 (=45兆円/0.03)
  ・年1%で運用する場合:4,500兆円 (=45兆円/0.01)


以上の点から、完全積立方式は年金数理上の概念としてはあり得るものの、資金準備面および資産運用面でのハードルが高いため、実際に採用される可能性は極めて薄い。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2010/11/24): 年金制度における財政方式とは(総論)
The企業年金BLOG(2010/11/27): 賦課方式 ─ 運用収益を当てにしない財政方式
The企業年金BLOG(2010/12/6): 退職時年金現価積立方式 ─ 退職金で個人年金をポンと購入
The企業年金BLOG(2010/12/9): 加入時年金現価積立方式 ─ 入社時にポンと一括払い



 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0)
| シリーズ:財政方式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック