2006年04月29日

企業年金の積立不足が解消? マジっすか!?

それにしても、2005年度の株高は凄まじいものがあった。当BLOG管理人がコンサルを手がける幾つかの年金基金においても、積立状況が軒並み改善しており、現在集計中の05年度決算では一気に積立余剰に転じる見込みだ。

それにしても、2000年から2002年までの3年連続マイナス利回り時代の悪夢を考えると、まずは一息といったところだ。当時は基金の代議員会で株式投資比率の拡大を主張しようものなら、それこそ白痴呼ばわりされたものだ(汗)。また、この頃に刊行された書籍によると、当時の企業年金関係者の合言葉は「アンダーファンディング(積立不足)」だそうな。つうか、書面では何度か目にはしたが耳にした事はねえな(苦笑)。

そんなわけで、今年度以降は「積立余剰」が誌面を賑わす日も多くなるやもしれぬ。しかし今後の資産運用の方針を巡っては、@引き続き株式を含めた分散投資を行う派A債券比率を高めてリスクを抑える派に2極化している。前者は、運用難の時期を乗り越えたことを実績に、分散投資の更なる徹底を画策している。一方後者は、2000年のITバブルなどの教訓から、余剰が生じた今のうちに下方リスクを抑えようという方針だ。自分の会社の企業年金が積立余剰に転じた時に、果たしてどのような資産運用方針を執るのか──サラリーマンならば注目しておいて損はない。 






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 管理人の近況・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。