2006年05月10日

「MBAバリュエーション」

"コーポレートファイナンス"の理解への第一歩

MBAバリュエーションMBAバリュエーション 日経BP実戦MBAシリーズ2
森生 明

日経BP社 2001-10
売り上げランキング : 960
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表紙に恥ずかしげも無くデカデカと掲げられたMBAの3文字をもって「なんだ、MBAブームに乗っかった便乗本か」と早合点してはいけない。中身はコーポレートファイナンス、とりわけ「企業価値の算定」に特化した高品質な入門書である。

コーポレートファイナンスを学び始める際に、いきなりブ厚い専門書から取り組むというのも一つの見識ではあるが、例えるなら仮免ドライバーがいきなりカーレースに挑むようなもので心許ない(汗)。そこで、「まずは家の周囲で地道に訓練しよう」とする堅実派におあつらえ向きなのが本書。全ページに目を通すのが億劫であっても、せめて基礎編(第1〜3章)だけは目を通すべし。特に以下の3点は目から鱗モノ。

 @企業価値をc/(r-g)という数式に置き換えるメリット
 A純資産(資本)と時価総額の違いを図示した図表3-4
 Bブランド(無形の営業資産)失墜が時価総額減少を引き起こす仕組みを
  図示した図表3-5・3-6


──これらを抑えるだけでも、その後のコーポレートファイナンスへの理解が早まること必至。2001年の刊行だが古臭さを感じさせないのは、ひとえに骨組みがしっかりしているからである。
本書の根底にあるのは、配当割引モデルにしろEBITDA倍率にしろ、これらはビジネスの共通言語であり、商売相手を説得するためのツールに過ぎないという事。「世の中数字だけで割り切れるものではない」と達観ぶるのは勝手だが、ことビジネスの世界においては、そうした振る舞いは、共通言語に則った円滑なコミュニケーションを図ろうとしない不誠実な行為なのだ。



 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(5)
| 書評:財務・会計・簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

資本主義の本質
Excerpt: ソフトバンクがLBOによってボーダフォンを約1兆7600億円で買収するというニュースは、史上最大規模の買収ということで大きなインパクトがありました。ライブドアがM&Aを繰り返して拡大を続け、フジテレビ..
Weblog: サルでもできるウマ並み投資術 ~初心者が始める株式投資(勉強編)~
Tracked: 2006-05-12 07:18

森生明「MBAバリュエーション」
Excerpt: 山口揚平著「なぜか日本人が知らなかった 新しい株の本」の巻末にお薦めとして挙げられていたので読んでみました。 本書は、「『企業価値』とは何か」「『企業価値』はどうやって決まるのか」を平易に解説し..
Weblog: Aから始める:企業価値に基づく投資
Tracked: 2007-04-06 22:11

MBA財務会計 日経BP実戦MBA〈3〉
Excerpt: MBA財務会計 日経BP実戦MBA〈3〉
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-05-27 01:52

MBA管理会計 (日経BP実戦MBA)
Excerpt: MBA管理会計 (日経BP実戦MBA)
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-05-27 02:22

MBAバリュエーション 森生明
Excerpt: ◆本日の『人生を変える一冊!』(No.196/210) MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA)森生 明 おすすめ平均 資産とは何かをこの本を通して学びました。会社のデスクに一冊資本主義、企業価..
Weblog: ビジネス本でバージョンアップ2.0!
Tracked: 2010-07-23 03:58