2011年03月09日

「新年金財政シリーズ 給付設計」第5版

体系的・網羅的な給付設計の「虎の巻」

給付設計(第5版)新年金財政シリーズ 「給付設計」(第5版)

企業年金連合会 2009-03

年金数理にまつわるあらゆるトピックを扱った年金財政シリーズだが、刊行元の企業年金連合会は数年前から「新年金財政シリーズ」に徐々に再編しつつある。
本書は、厚生年金基金および確定給付企業年金の給付設計について、法令(法律政令省令)のみならず、法令解釈通知や承認・認可基準にも言及して解説している一冊。今回紹介する第5版では、直近の制度改正が反映されているほか、近年流行のポイント制キャッシュバランスプランの設計に関する記述が手厚くなっている。更に、代議員会等における制度改定の説明ポイント等もまとめるなど、金融機関のコンサルタント・営業担当者のみならず、年金基金関係者にとっても有用な内容となっている。読破するのにはやや骨が折れるものの、給付設計についてここまで網羅性の高い書籍は他に見当たらない。

なお、年金財政シリーズ全体に共通する厚生年金基金と確定給付企業年金とで記述の重複が多いという特徴だが、本書に限っては、両制度で異なる規定(例:保証期間の制限規定など)を比較参照するのに思いのほか役立っている。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2010/2/5): 「新年金財政シリーズ 企業年金の年金数理」
The企業年金BLOG(2010/4/9): 「新年金財政シリーズ 企業年金の財政運営」第2版






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 書評:年金数理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。