2011年04月19日

「新年金財政シリーズ 年金財政入門」第5版

イメージを重視した年金数理・財政の入門書

年金財政入門(第5版)新年金財政シリーズ 「年金財政入門」(第5版)

企業年金連合会 2011-03

年金数理にまつわるあらゆるトピックを扱った年金財政シリーズだが、刊行元の企業年金連合会は数年前から「新年金財政シリーズ」に徐々に再編しつつある。
本書は、年金制度のしくみ、年金数理の基礎、掛金の算定、財政運営および給付設計の基礎など、企業年金の年金財政全般に関する基本知識を網羅した入門書である。今回紹介する第5版では、数値等を用いた部分など詳細な説明をこれまで以上に簡略化し、表や図解など概念(イメージ)を重視した構成と化している。昨年刊行された同シリーズの「企業年金の年金数理」と重複するトピックが多いものの、「企業年金の年金数理」では具体的な数値例を用いた解説を主としていることから、シリーズ内における役割分担を上手く図ったとも言えよう。
なお、タイトルの「入門」の二文字に偽りが無いのは第3章第2節まで。それ以降はそれなりに骨のある内容なので、心してかかられたし。とはいえ、他の類書に比べると親切だが。

<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2010/2/5): 「新年金財政シリーズ 企業年金の年金数理」
The企業年金BLOG(2007/5/10): 「年金財政シリーズ1 年金財政入門」第4版
The企業年金BLOG(2005/12/21): 「年金財政シリーズ1 基金財政のしくみ」第3版






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 書評:年金数理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。