2011年05月07日

「概説 日本の生命保険」

生命保険に関する実務的・実態的テキスト

概説 日本の生命保険概説 日本の生命保険
ニッセイ基礎研究所

日本経済新聞出版社 2011-04
売り上げランキング : 122,194
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本生命が東京大学で開講した生命保険論の講義資料を加筆・修正したテキスト。生命保険および生保事業の基本的な仕組みから、生命保険を取り巻く環境の変化、生保業界が抱える経営課題とそれらへの取組まで幅広く網羅しており、しかも書物としても読み易いものに仕上がっている。生保業界の定番書として名高い「生命保険講座」(生命保険協会)は業界人以外には入手困難なだけに、その代替としても最適である。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2006/10/12): 「生命保険講座」
The企業年金BLOG(2011/3/27): 「生命保険の法務と実務」改訂版






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 22:58 | Comment(2) | TrackBack(0)
| 書評:生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつも楽しく拝見しております。

私もこの書籍を購入し、少しずつ読んでいる最中です。

個人的には、生命保険全般のことを「正しく把握できる」数少ない本ではないかと思っています。
Posted by 現役保険営業マン at 2011年05月07日 23:02
> 現役保険営業マン様
コメントありがとうございます。
私も貴BLOGには何度かトラックバックさせていただいております。

生命保険を真面目に学ぼうとする方への第1冊目としては、本書と『生命保険入門』(出口治明著)をオススメしますね。あとは『現代保険経済』(水島一也著)でしょうか。
Posted by tonny_管理人 at 2011年05月09日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。