2006年08月08日

年金加入記録にミスはつきもの!?

【マネー外来】 年金の記録 支給額に影響 (asahi.com)
厚生年金の金額は、保険料ではなく、それを払った時の給料に応じて決まる。その記録を会社からもらって管理しているのが社会保険庁。ところが、この記録に多くの間違いが見つかっているという。決してひとごとではない。
(2006/8/5 朝日朝刊 b5面)

国(社会保険庁)が管理している国民年金・厚生年金の被保険者記録データベースに記録ミス・記録漏れが存在する可能性ついては当BLOGでも以前言及したが、先週末の朝日新聞でも同様の特集が組まれていた。特に、記録ミスが年金額にどのような影響を及ぼすかを示したチャートは秀逸↓

20060805record-miss.jpg

なお記事中では、ミスの原因が社会保険庁側のみにある事を強調していたが、実務家から見れば実は企業側のミスも多いのよねぇ(汗)。まあ、複数の組織・人間の手を介する以上、こうしたミスを完全に撲滅することは残念ながら不可能。これは何も年金に限った話ではない。大事なのは、ミスを発見したら速やかに修正できる体制の整備だろう。幸いにも現在では、年金加入記録を最寄りの社会保険事務所から「被保険者記録照会回答票」を貰うことができる。勤務期間に漏れがないか、給料の不自然な増減がないか、できるだけ確認することをお勧めしたい。

※当BLOG管理人が直面した記録ミス事例はコチラ
※社会保険庁の年金記録紹介サービスはコチラ
※自身の年金加入記録をチェックするのに有用な書籍はコチラ


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2007/6/8): 基礎年金番号に反対してきた連中が年金記録不備を糾弾する矛盾
The企業年金BLOG(2006/9/5): 朝日新聞の年金記録記事は必見
The企業年金BLOG(2006/4/25): 年金加入記録の記載ミス・記録漏れにどう対応すべきか
The企業年金BLOG(2006/4/1): 「年金生活への第一歩」改訂版


─────────────────────────

【2007.6.6追記】
画像のリンクが切れていたので貼り直しました。
それにしても、まさか今頃になって騒動になるとは・・・(汗)






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 21:53 | Comment(2) | TrackBack(0)
| 年金ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見に来ました!
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、社保庁も人ですからね。ミスはつきものですよね。以前のブログにも書いていた通り知識をつけて、自分でちゃんと確認することが必要ですね。

tonnyさんの専門分野は、私の苦手分野なので、これからも参考にさせて頂きたいと思います。よろしくお願いします。
Posted by financetah at 2006年08月09日 12:43
> financetahさま
ご来訪ありがとうございます。
こちらこそFP関連の分野は得意ではありませんので、financetahさんのブロクを参考にさせていただきます。これを機に今後とも宜しくお願い致します。
Posted by tonny_管理人 at 2006年08月09日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。