2011年09月26日

「生命保険の数学」

数学を用いた生命保険の解説書

生命保険の数学生命保険の数学
成川 淳

オーム社 2011-09
売り上げランキング : 180,402
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アクチュアリー受験生にとって知る人ぞ知るホームページの管理人である著者が、これまで書き溜めてきた生命保険数理に関する解説をまとめた一冊。他の類書に比べると、生命保険商品の類型(定期保険・終身保険など)ではアカウント型保険や医療保険など比較的新しい商品にもページを割いているほか、生命保険関係の用語や、保障性(死亡保障性・生存保障性)と貯蓄性のバランスに関する解説など、随所に著者なりの試行錯誤が凝らされている。
全般的には、生保数理の教科書というよりは「数学を用いた生命保険の解説書」という側面が強いため、アクチュアリー試験対策に直結しているとは言い難い。とはいえ、大まかに生命保険数学の内容を知りたいという業界関係者(主に文系)にとっては、逆に最適な入門書であると言えよう。惜しむらくは、収支相等の原則を「相当」と初歩的な誤植をやらかしている点であるが(p.26および85)、本書全体の価値を損ねるものではない。

※著者の成川氏のサイトはこちら






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 書評:年金数理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。