2007年03月06日

「国内MBA 研究計画書の書き方」

ただの文例集に非ず 参考文献紹介が充実

国内MBA 研究計画書の書き方国内MBA 研究計画書の書き方―大学院別対策と合格実例集
飯野 一、佐々木 信吾

中央経済社 2003-07
売り上げランキング : 65,654
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この4月より某社会人向け大学院(名目上はMBAだが実際は企業年金中心)に通うことになったのだが、その出願時に必須であった研究計画書作成のため急遽購入したのが本書。
タイトルどおり国内MBA各校の研究計画書の記載例だけで本書全体の8割を占める構成なのだが、意外にも残りの2割「MBAとは何か」「伝達効果の高い文章の書き方」が大変参考になった。また、組織論・ファイナンス・アカウンティングといった分野毎に参考文献が詳細に掲載されており、これらを完全読破すれば大学院など通学不要では!?(知識習得という面においては)とすら思わせる充実ぶり。対策本というよりもむしろMBA理論の入門書として有用。

なお、本書の刊行後、国内MBAを称する大学院の数が更に増殖したため、近年は大学院の網羅性に欠けつつある感がある。私が受験した大学院も、本書では扱われていなかった。設立間もない新しめの大学院を受験するならば、同じ著者による「国内MBA無敵の合格戦略」にて補足されたし。


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2007/3/9): 「国内MBA 無敵の合格戦略」






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 書評:その他ジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。