2007年05月19日

「年金問題 要点を教えて!」

昨今の年金不安の解消に最も貢献するであろう一冊

年金問題 要点を教えて!年金問題 要点を教えて!
金子 幸嗣

ランダムハウス講談社 2007-04
売り上げランキング : 56,982
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨今の年金不安・年金不信の誤解を解消すべく刊行された書としては「年金の誤解」(堀勝洋著)が代表的だが、正確性を優先するが故に記述が難解になり、一般市民にとっては却って敷居が高くなってしまった。そのため「年金は難解だ→難解な制度はけしからん!」という負のスパイラルを招いてしまい、誤解を解くはずが逆効果となってしまったのは記憶に新しい。

そんな「年金の誤解」の戦略上の失敗を教訓にしたかのような書が本書。サブタイトルの「細かいことはいいから」というのがまさに本書のキモで、分かり易さを重視したレイアウトは「これなら読めそうだ」と気軽に手に取らせる効果大。それでいて内容も正鵠を射る本質的なもので、昨今の年金報道がいかに的外れであるかが実感できる。特に「年金制度が破綻することはないが、年金のしくみを知らないと貴方の老後が破綻するかもしれない」という著者の言葉は重い。また、こうした本を官僚出身者が著すと「体制擁護」と批判されがちだが、著者は市井の社労士なのでそうした不当なバッシングとも無縁。いずれにせよ、官僚や大学教授による著作以上に年金制度に関する誤解の解消に貢献してくれること必至。まさに"出藍の誉れ"を具現化した一冊といえよう。



 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 01:39 | Comment(4) | TrackBack(0)
| 書評:公的年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出藍の誉れは使い方間違ってます
Posted by 年金太郎 at 2007年05月19日 14:20
> 年金太郎さま
エッそうなの!? ともあれ調べてみます。
Posted by tonny_管理人 at 2007年05月21日 11:37
出藍の誉れとは師匠より優れた弟子のことですからね〜。まあ広い意味ではいいかもしれませんが。一般には

@イトーヨーカドーから出たセブンイレブン
A富士電機から出た富士通
BPF●から出た(?)企△協

などを指すのでしょう。
Posted by 匿名希望 at 2007年05月21日 20:14
> 匿名希望さま
本書のレビューの主旨はまさに「『年金の誤解』から進化した」という点にあります。まあ実際には師弟関係というわけではないですが。
Posted by tonny_管理人 at 2007年05月21日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック