2007年10月04日

「会社勤めでもできる余裕の年金づくり」

「これなら自分でも出来そうだ!」と思わせる構成が秀逸

会社勤めでもできる余裕の年金づくり会社勤めでもできる余裕の年金づくり
山口 哲生

アスカ・エフ・プロダクツ 2007-09-13
売り上げランキング : 98,234
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

巷に溢れる「自分年金」本は、ともすると「公的年金は信用できない→だから個人年金や投資信託で自助努力せよ」といった食傷気味のパターンばかり。これらの書籍の欠点は、自助努力だけで全て賄おうとする余り目標貯蓄額が法外な金額に膨んでしまい、結果として読者にとっては非現実的かつ非実践的なものとなってしまう事である。

本書は、読者の不安を煽るのではなく、不安を取り除くところに注力している点が異色。公的年金にしても、いきなり制度の否定に走るのではなく(制度廃止のリスクを侵す政治家・官僚は皆無)、将来の年金額を完全予想することは不可能にしても「最悪のケースでもこれ位は確実に貰える」金額を紐解くところから始めている。確かに、「これでは足りない」と不安を煽るよりも「これだけあれば足りる」と安心させる方が、日本人の貯蓄マインドに適っていると思う。
後半では、老後資金の準備手段として「変額保険(月払・終身)」「個人型確定拠出年金」の活用を提唱している。これも単純な比較論・技術論ではなく、ズボラな一般人でも手軽に長期投資・分散投資できるという観点から検討した結果であり、そこに至るまでに積み重ねられた数々の考察は深い。とりわけ(変額"年金"ではなく変額"保険"を奨める理由として)「変額年金は年金開始日時点の積立状況に左右される」という指摘には思わず唸った。

ともあれ、(公的年金があてにならないから)「1から100まで自分で頑張らねば!」というのと、(公的年金は最悪でもこれ位は出るから)「あとは足りない分だけ補おう!」というのでは、登山でいえばエベレストと富士山くらい心理的重圧が異なる。「老後」「年金」という後ろ向きなテーマにも関わらず、読んでいて前向きな気分にさせてくれる一冊である。

※著者のサイト「年金の不安/撲滅委員会」はこちら



 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 17:12 | Comment(3) | TrackBack(0)
| 書評:個人年金・退職金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
落合信彦年金というのもあります。私はけっこう気に入ってます。


http://www.nobiochiai.com/word.html
Posted by ランニングおやじ at 2007年10月05日 22:05
> ランニングおやじ様
ノビーですか(笑)。相変わらず多感な中高生のハート鷲掴みな激ですなあ。でも「公的年金の保険料くらいは払っておけ」くらいは言って欲しかった。自分のためではなく、現在の老人達のために、と。
Posted by tonny_管理人 at 2007年10月05日 23:24
著者は同級生でした。驚き桃の木。
Posted by ランニングおやじ at 2007年10月20日 18:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック