2007年10月09日

法令に精通してなくても「ミスター年金」ですかそうですか

「ミスター年金」長妻氏、舛添厚労相は「お役所の答弁」 (asahi.com)
民主党の「ミスター年金」、長妻昭氏が9日の衆院予算委員会で、舛添厚生労働相と初対決した。たたみ掛けるように詰める長妻氏に対し、対話路線を打ち出す福田政権の看板閣僚である舛添氏は、丁寧な答弁を重ねた。ただ、内容は「安全運転」路線で、長妻氏は委員会後、「大臣になった途端に普通の大臣になったな、と。お役所の答弁で、もう少し枠をはみ出して欲しかった」と記者団に語った。一方の舛添氏は「公務がある」として、委員会直後の取材には応じなかった。

国会議員なら、立法をしろ立法を。

瑣末な批判・質問ばかり繰り返して、その内容を法案提出などで反映しようとしない輩のどこが「ミスター年金」なのだろうか。例えるなら、井筒監督を「ミスター映画」、田中眞紀子を「ミセス政治」と称するくらい的外れというもの(汗)。現在の長妻議員ミスター年金ではなくミスター年金不祥事発掘人でしかない。真にミスター年金を目指すならば、まずは国民年金法・厚生年金保険法の条文・政省令の精読から始めていただきたい。それが出来ないなら、潔く議員バッジを外すべき。国会議員の本分は立法であってジャーナリストの真似事ではない筈。


※そんな長妻議員へのオススメ書籍

国民年金 厚生年金保険 改正法の逐条解説(7訂版)国民年金 厚生年金保険 改正法の逐条解説(7訂版)

中央法規出版 2009-02
売り上げランキング : 221,708
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:57 | Comment(14) | TrackBack(5)
| 年金ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わざわざトラバありがとうございます。
国会議員の仕事は年金だけではありません。「議員立法」こそ仕事です。
私の知る限り長妻議員は下記の法案を代表者として提出しています。
第164回国会 第163回 18号 衆法 戦後強制抑留者に対する特別給付金の支給に関する法律案
第164回国会 第163回 19号 衆法 独立行政法人平和祈念事業特別基金等に関する法律を廃止する法律案
第164回国会 第164回 22号 衆法 居住者・利用者等の立場に立った建築物の安全性の確保等を図るための建築基準法等の一部を改正する法律案
第164回国会 第164回 26号 衆法 消費生活用製品等及び特定生活関連物品に係る危険情報の提供の促進等に関する法律案
第165回国会 第163回 18号 衆法 戦後強制抑留者に対する特別給付金の支給に関する法律案
第165回国会 第163回 19号 衆法 独立行政法人平和祈念事業特別基金等に関する法律を廃止する法律案
第165回国会 第164回 26号 衆法 消費生活用製品等及び特定生活関連物品に係る危険情報の提供の促進等に関する法律案
第166回国会 第164回 26号 衆法 消費生活用製品等及び特定生活関連物品に係る危険情報の提供の促進等に関する法律案
第167回国会 第164回 26号 衆法 消費生活用製品等及び特定生活関連物品に係る危険情報の提供の促進等に関する法律案
第168回国会 第164回 26号 衆法 消費生活用製品等及び特定生活関連物品に係る危険情報の提供の促進等に関する法律案

そのほか共同提出のものもあわせるとどのぐらいの数になるでしょうね?

的外れな批判はお辞めいただきたい。
Posted by わざわざどうも at 2007年10月10日 02:27
> わざわざどうも様
コメントありがとうございます。
ところで、私は「ミスター年金」が年金法案を出さない事を疑問視しているので、年金とは無関係な法案提出数を誇られたところで反論にはならないのでは(汗)。ともあれ、長妻氏は「ミスター法案提出」を名乗る資格はあっても、やはり「ミスター年金」の名に値しないことは良ーく分かりました。情報提供感謝致します。
Posted by tonny_管理人 at 2007年10月10日 02:56
はじめまして。TBありがとうございました。

>「…もう少し枠をはみ出して欲しかった」
はみ出したら「政府見解と異なる」「閣内不一致」とかのたまうくせにねえ…。

揚げ足とるだけで、結局なにもしない…「民主党の縮図」みたいな人なんでしょうね。
Posted by いなちゃん at 2007年10月10日 03:05
> いなちゃん様
コメントありがとうございます。
長妻氏本人も然ることながら、彼を持ち上げるマスコミの方がむしろ問題かと。厚生年金基金の事務員や社労士の方がよっぽど制度&実務に精通してますよ。
Posted by tonny_管理人 at 2007年10月10日 13:38
TBありがとうございます。
委員会などでは、どうしても政府側は発言に制限が出ます。攻めるほうが迫力あるように見えてしまいますからね。
長妻氏、政府も掴めない不正を次々と暴き立てます。なぜなんでしょう?
邪推かもしれませんが、やった本人達(自治労)から知らされているとか(笑)
Posted by クルトンパパ at 2007年10月11日 07:23
はじめまして、政財界WEB Team6の majimaです。
TBありがとうございました。

確かにミスター年金の異名をとる長妻議員の発言は
厳しいものでした。

それに対抗して、回答した舛添大臣、
新人ながらまずまずの応答だったと思います。

いずれにしても長妻議員の質問が多いこと
回答するのもなかなか実のあるものにはなりませんでした。

今後それぞれ議員が経験を積んで納得できる回答を
国民にするのではないか−と期待するほかありません。
Posted by ★政財界WEB Team6 kounai★ at 2007年10月11日 14:02
> クルトンパパ様
コメントありがとうございます。
まさに仰せの通りで、おそらく情報源は民主党の支持母体(自●労)かと。そうやって掴んだ情報を、社保庁批判に用いるのではなく政府・与党批判に用いるロンダリング手法はお見事ですな。
しかし与党叩きのために「消えた年金」を煽った結果、逆にそれが社保庁の解体に繋がったというのは何とも皮肉。まさに自爆テロ(汗)。

> 政財界WEBさま
コメントありがとうございます。
長妻氏は質問の数だけは多いけど、その回答を法案作成や制度改善などに反映する所を見たことがありません。質問した後は我関せず。これってパフォーマーの典型ですよね。
Posted by tonny_管理人 at 2007年10月11日 20:05
 初めまして! TBど〜もです!

 一般的に見て、今回長妻氏>舛添氏は否め
なかったのは、私だけなのかなぁ~(苦笑)?

 長妻氏同様周辺を嗅ぎまわっても何も出て
こない政治家は、いないと思いますけどネ!

 その上、具体的な数字で攻めてくるから敵
にはしたくタイプですかねぇ(笑)

 意見が違うのは当然ですが、また良ければ
是非ブログに遊びに来て下さいネ〜♪
Posted by mikiS35 at 2007年10月12日 01:17
> mikiS35様
コメントありがとうございます。
長妻氏は相手に数字を求めるだけで、自分からは数字らしい数字を殆ど出しません。そういうのを「数字で攻める」と言うのでしょうか?(汗) それに国会質疑は「質問&回答形式」ですから、ディベートみたいに相手から反論される恐れは無いわけで。手足を縛られた者が相手ならそりゃ勇ましく見えますわな。
Posted by tonny_管理人 at 2007年10月12日 09:12
本文・コメント含めて管理人様の御見解に賛成です。

現状の氏は「議員の権能を全力で使って記者の活動をしている」と感じるところが、あくまでも個人の主観として、決して少なくはないと思っています。
なので、「ミスター年金不祥事発掘人」という敬称に我が意を得た気分です。

また、現状に欠点があると感じても、合法である限り改善は法改正によってのみ果たされるのも事実ですし。
その意味でも氏の早期の法案提出を望みたいです。
氏が年金関係の法案を提出され、法案提出者として答弁側に回ったときに、「ミスター年金」の真価がわかるような気がします。

現在までの氏の所属政党提出の年金関係の法案は読了済みですが、私見では一部を除き実務の執行に耐えうるレベルでないように思います。
Posted by thx-1138 at 2007年10月12日 15:48
> thx-1138様
コメントありがとうございます。
「議員の権能を使っての記者活動」、まさに仰るとおりです。長妻氏には、井筒監督や田中眞紀子らと同じ轍を踏んでほしくないものですが。。。
Posted by tonny_管理人 at 2007年10月12日 19:36
> 管理人様

一部媒体によれば氏は記者出身でいらっしゃいますから、報道取材的探求がお得意なのだろうとは思います。それにしても、、、と感じています。

ところで、今回御紹介の中央法規出版様の逐条解説と同社刊行の年金六法は、ちょっとした調べものに重宝して愛用しています。
それにしても改訂のたびに分量が増えますね、逐条解説。最初の訂の頃と最新の六訂を比べると驚きます。
Posted by thx-1138 at 2007年10月12日 23:24
トラックバックありがとうございます。
やっぱり同感の方がいてるんだと感じました。
また見に来ます。
Posted by しもべ at 2007年10月13日 05:44
> thx-1138様
そのうち25年後には広辞苑サイズになるでしょう(汗)

> しもべ様
コメントありがとうございます。
少なくとも年金業界には長妻氏リスペクトの空気は皆無です(汗)。もっともマスコミは彼を持ち上げるのに必死なようですが。
Posted by tonny_管理人 at 2007年10月13日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

904:民主党「年金流用禁止法案」を参院に提出
Excerpt: 第904回。今日は… ・民主党、年金流用禁止法案を参院に提出 でいきます。
Weblog: 今日の私感neo
Tracked: 2007-10-10 03:10

質問主意書の意義って
Excerpt: (朝日新聞より) 『ウィキペディア 省庁から修正次々 長妻議員の悪口も』 誰でも自由に執筆・編集ができるオンラインの無料百科事典「ウィキペディア」日本語版で、複数の省庁のコンピューターから、役..
Weblog: ノンキャリ国家公務員の実生活
Tracked: 2007-10-10 17:13

国会の本格論戦がスタート!+筑紫・長井氏&報道のあり方+ブロガーもガンバ!
Excerpt: 最新記事の一覧は、カレンダーの<October2007>をクリック 昨日8日の夜、TBSの「NEW23」に、筑紫哲也氏がナマ出演して キャスターの仕事に復帰した。  私は、今朝になって、一..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2007-10-10 19:57

福田首相領収書の書き換えを認める
Excerpt: なんと、112枚もの領収書の宛名書き換えを福田首 相認めた。その総額950万円分と、額面こそたいした 金額ではない。 政財の癒着、つまり政治献金によって、その企業に有 利に発言させたり、政..
Weblog: 政財界WEB Team6
Tracked: 2007-10-11 13:52

●◇ 【さすが長妻大明神!】 ◆○
Excerpt:  今日は,曇りのち晴れ?みたいです。 昨日の天気もハズレ(怒)てたけど,ウチの毒舌母が「明日の予報も当たらないのに1週間予報出すな!」って,マジで怒ってましたわ〜w 一昨日と昨日と今日?も【衆院予算委..
Weblog: 体脂肪率33%の叫び〜
Tracked: 2007-10-12 12:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。