2007年10月29日

「企業年金改革―公私の役割分担をめぐって」

企業年金に関する最も格調高い論文集

企業年金改革―公私の役割分担をめぐって企業年金改革―公私の役割分担をめぐって
船後正道[監修] OECD[編] 厚生年金基金連合会[訳]

東洋経済新報社 1997-05
売り上げランキング : 149,393
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原著は"Private Pensions and Public Policy"というOECD諸国の年金専門家らによる論文集。収録されている論文は、年金制度に関する公私の役割分担、企業年金に対する政府規制のあり方、私的年金の税制、公平性・適正性・安全性という公共的な視点に立った企業年金分析──などなど多岐に渡る内容で、企業年金のあり方を検討する上で示唆に富む考察がキラ星の如く散りばめられている。原著の刊行から15年、日本語版である本書の刊行から10年が経過したが、本質に迫る内容や格調高さで本書を凌駕する書籍にはなかなかお目にかかれない。企業年金を研究する研究者・大学院生は必ず読むべし!

それにしても現在の企業年金業界を鑑みるに、2001年の企業年金二法の制定以来、制度改正・改革を追うのにばかり血眼になっているように感じる。財政状況が回復基調にある今だからこそ、「本質」や「原点」を顧みる余裕を取り戻して欲しいものだ。とりわけ業界団体である企業年金連合会には、こうした研究活動にもっとヒト・モノ・カネを割いて欲しいものだ。せっかく積立不足も解消したんだしさ(笑)。






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0)
| 書評:企業年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
企○連さんは今はアッチの対応に「てんやわんや」でそんな方には人も金も割けないんでしょうね。
例の3年連続マイナス以降、優秀な人が出て行ったという噂もありますし〜。
Posted by 無名 at 2007年11月02日 12:28
> 無名さま
そうなんですか。それは初耳です。
Posted by tonny_管理人 at 2007年11月03日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。