2005年11月10日

ITAちゃんマン

ITAちゃんマン年金制度の複雑怪奇さに苦しむ市民を救う正義のヒーロー、その名は
ITAちゃんマン!

──その正体は、日経マネーDIGITALで年金改正に関するコラムを書いている社会保険労務士の板垣勝幸氏。詳細な解説も然ることながら、おだ辰夫氏による年金ネタFLASHがシュール! 制度の本質を理解してないと、とても製作できないシロモノだ。
現在は2004年の公的年金改正を扱った「年金改正早わかり」のみアップされているが、以前は「企業年金・401k早わかり」も連載されていて、当時は更新を心待ちにしたものだ。現在は目次ページが削除されてしまったものの、各コラムのページはまだ生きているため、保存の意味も込めてリンクを以下に列挙しておく。それにしても、これだけの膨大なコンテンツを眠らせておくなんて、何とも勿体無い!

【2006.2.8追記】
残念ながら、とうとう全コラムが削除された模様です(涙)。Internet Archiveなどをかませばテキストはまだ読めます。でもFLASHは再現できないんだよなぁ〜(惜)。

  
<企業年金・401k早わかり> ※2000.10〜2003.11連載

part3 「その後の401k早わかり」

 ■第28回 主な企業年金・退職金制度の特徴は?(3) (2003.11.26)
 ■第27回 主な企業年金・退職金制度の特徴は?(2) (2003.11.12)
 ■第26回 主な企業年金・退職金制度の特徴は? (2003.10.29)
 ■第25回 別テーブル制と定額制の退職金とは、どのようなものか? (2003.10.15)
 ■第24回 ポイント制退職金と賃金リンク方式のちがいは? (2003.10.1)
 ■第23回 退職金・企業年金の水準は上昇傾向か、下降傾向か? (2003.9.17)
 ■第22回 中退共への積立は退職金の全額か、一定部分か (2003.9.3)
 ■第21回 中退共への移換後の掛金月額の変更は可能か? (2003.8.20)
 ■第20回 適格年金から中退共に移換する額の決め方は? (2003.8.6)
 ■第19回 適格年金から確定拠出年金への移換限度額 (2003.7.23)
 ■第18回 適格年金から確定拠出年金に移すときの積立不足解消とは (2003.7.9)
 ■第17回 適格年金から退職金前払い制に移行するとき (2003.6.25)
 ■第16回 中退共制度を利用するときの留意点は? (2003.6.11)
 ■第15回 中退共は確定拠出か確定給付か (2003.5.28)
 ■第14回 確定給付企業年金はどのような制度か? (2003.5.14)
 ■第13回 キャッシュバランス・プランは確定給付か? (2003.4.30)
 ■第12回 確定給付企業年金を支える2本の幹とは (2003.4.16)
 ■第11回 確定拠出年金には、資産がゼロになる危険があるのか? (2003.4.2)
 ■第10回 確定拠出年金は、いつでも簡単に脱退できるのか? (2003.3.19)
 ■第9回 企業の確定拠出年金に加入できる人の範囲は? (2003.3.5)
 ■第8回 確定拠出年金を支える2本の幹とは (2003.2.19)
 ■第7回 前払い退職金は毎月払いか、賞与時払いか (2003.2.5)
 ■第6回 中退共制度を利用するときの利点は何か (2003.1.22)
 ■第5回 基金の代行部分のメリット・デメリット (2003.1.8)
 ■第4回 適格年金はなぜ廃止されるのか (2002.12.18)
 ■第3回 退職一時金は全て企業年金に吸収すべきか (2002.12.4)
 ■第2回 企業年金の加入者は増えているか、減っているか (2002.11.20)
 ■第1回 日本の企業年金には、どのような種類があるか (2002.11.6)

part2 「企業年金・401k Q&A」

 ■第36回 厚生年金基金の代行返上とは (2002.9.25)
 ■第35回 確定拠出年金の実際の導入状況は? (2002.9.11)
 ■第34回 適格年金から中退共への移換のポイントは (2002.8.28)
 ■第33回 適格年金制度の廃止に対応する方法は? (2002.8.14)
 ■第32回 「過去勤務債務」「標準掛金」「特別掛金」とは何か (2002.7.30)
 ■第31回 年金財政に影響する「基礎率」とは (2002.7.10)
 ■第30回 企業年金の「非継続基準」「最低積立基準額」 (2002.6.26)
 ■第29回 企業年金の「継続基準」「責任準備金」とは (2002.6.12)
 ■第28回 確定拠出年金への移換で、社員の同意を得る上手な説明方法は? (2002.5.29)
 ■第27回 中途退職者に退職一時金を支払うことはできないか (2002.5.15)
 ■第26回 パートタイマーを企業型に加入させることはできるか (2002.5.1)
 ■第25回 社員が個人型確定拠出年金に加入したとき会社の対応は? (2002.4.17)
 ■第24回 確定拠出年金は退職金の能力主義化を進めるのか? (2002.4.3)
 ■第23回 「いっそのこと、退職金を廃止したら?」 (2002.3.20)
 ■第22回 加入者、運用指示者、通算加入者等期間とは (2002.3.6)
 ■第21回 退職・転職後の個人別管理資産はどうなるか (2002.2.20)
 ■第20回 前払い退職金と確定拠出年金のメリットは? (2002.2.6)
 ■第19回 厚生年金基金から確定拠出年金に移換するには (2002.1.23)
 ■第18回 適格年金から確定拠出年金への移換の方法は? (2002.1.9)
 ■第17回 退職一時金から確定拠出年金に移換するとき (2001.12.19)
 ■第16回 積み立て不足の解消は既存の制度からの移行に不可欠か (2001.12.5)
 ■第15回 退職金支払準備制度として有利な制度は何か (2001.11.21)
 ■第14回 ポイント制退職金とはどのようなものか (2001.11.7)
 ■第13回 現在の退職金の水準はどれくらいか (2001.10.24)
 ■第12回 転職のときの確定拠出年金 (2001.10.10)
 ■第11回 一定範囲の社員だけを確定拠出年金の加入者にしてもよいか (2001.9.26)
 ■第10回 確定拠出年金と他の退職金制度との組み合せは可能か (2001.9.12)
 ■第9回 中小企業退職金共済とは、どのような制度か (2001.8.29)
 ■第8回 確定給付と確定拠出の混合型とはどのようなものか (2001.8.15)
 ■第7回 企業年金としての確定拠出年金の意義 (2001.8.1)
 ■第6回 企業年金には、どのような選択の道があるのか (2001.7.18)
 ■第5回 「基金型」企業年金と、既存の厚生年金基金の違い (2001.7.3)
 ■第4回 現行の厚生年金基金の仕組みと問題点 (2001.6.20)
 ■第3回 「規約型」企業年金で何が変わるか (2001.6.6)
 ■第2回 現行の適格年金の仕組みと問題点 (2001.5.23)
 ■第1回 確定給付企業年金法の目的は何か (2001.5.9)

part1 「401k早わかり」

 ■第12回 労働組合や過半数代表が同意すれば個人の同意は不要か (2001.3.21)
 ■第11回 会社に勤めていない人は加入できないのか (2001.3.7)
 ■第10回 会社が確定拠出年金を導入しないときは加入できないのか (2001.2.21)
 ■第9回 年金や一時金を受給したときの税金はどうなるか (2001.2.7)
 ■第8回 途中で死亡したときはどうなるか (2001.1.24)
 ■第7回 加入後2〜3年で退職したときはどうなるのか (2001.1.10)
 ■第6回 会社のメリット、社員のメリットを探る (2000.12.27)
 ■第5回 運用に失敗したら資産がゼロになることもある? (2000.12.13)
 ■第4回 物価スライド・賃金スライドはあるか (2000.11.29)
 ■第3回 退職一時金、中退共と、どちらが有利か (2000.11.15)
 ■第2回 財形年金とは、どこが違うか? (2000.11.1)
 ■第1回 日本版401kは年金なのか、貯蓄なのか (2000.10.18)






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0)
| Webサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。