2005年11月08日

「企業年金に関する基礎資料」

最強の企業年金データベース

企業年金に関する基礎資料企業年金に関する基礎資料(平成17年10月)

企業年金連合会 2005-10

私が「企業年金にまつわる最も情報量の多い本は?」と聞かれたら、真っ先に挙げるのが本書。一昔前は「企業年金白書」(企業年金研究所編、ライフデザイン研究所刊)もあったが、こちらは敢え無く休刊となったため、企業年金の統計集としては現在唯一の書籍。
統計集としても然ることながら、制度解説も充実しており、DCプランナーやDCアドバイザーなどの試験対策にも有用。価格が5,000円と少々値は張るが、それだけの価値があることは保証する。業界人ならばまさに必携の書!






 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 書評:企業年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。