2008年05月15日

「図表でみる世界の年金」

OECDレポートの日本語版

図表でみる世界の年金図表でみる世界の年金―公的年金政策の国際比較
経済協力開発機構 栗林 世 OECD

明石書店 2007-10
売り上げランキング : 257,915
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原著はOECDの「Pensions at a Glance: Public Policies across OECD Countries」の2005年版。OECD加盟30ヶ国の公的年金制度を、「相対的年金水準」「総所得代替率」など6つの尺度で比較検証を行ったものである。あくまでも一定の仮定に基づいた国際比較であり鵜呑みは禁物だが、海外の公的年金制度について詳細な分析を行った類書は皆無なだけに希少価値大。なお、日本語版の翻訳には連合系のシンクタンクが絡んでいるが、イデオロギー色は一切なく公正な記述となっているのでご安心を。とりわけ196〜197ページの訳語一覧は重宝する。

なお、英語版では第2版となる2007年版が既に刊行されており、しかも全文がpdfファイルで公開されている。

Pensions at a Glance: Public Policies Across OECD Countries 2007Pensions at a Glance:
Public Policies Across OECD Countries 2007

OECD 2007-05

売り上げランキング : 46,991

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<関連エントリ>
The企業年金BLOG(2009/6/25): OECDの公的年金所得代替率に関する留意点
The企業年金BLOG(2011/3/26): OECD「Pensions at a Glance」2011年版が公表



 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0)
| 書評:年金資料集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96844321

この記事へのトラックバック