2005年11月08日

LINK:年金おすすめ

Dr. Kuboの年金ワールド
 年金数理人の久保知行氏のサイト。メルマガ「年金時事通信」は業界人必読。

kenjoh.com
 慶應義塾大学商学部教授の権丈善一氏のサイト。名物コラム「勿凝学問」は必読。

年金倶楽部
 企業年金の業界人が「同業相哀れむ」のココロで情報交換する会員制サイト。

年金資料室
 上記年金倶楽部の管理人による年金関連リンク集。会員以外にも広く公開。

横浜マネーライフネット
 メルマガ「あなたの年金大丈夫?」「現代投資理論入門」を刊行。

─────────────────────────

(公財)年金シニアプラン総合研究機構
 旧年金総合研究センターと旧シニアプラン開発機構が2006年7月にひっそり
 と合併。論文誌「年金と経済」を季刊刊行。

(一社)年金綜合研究所
 元厚生省数理課長にして年金数理業界のドン坪野氏が立ち上げたシンクタンク。

日本年金学会
 年金関連では最も由緒ある学会。年1回の総会に加え、近年は研究会も
 開催するなど活動が盛ん。

退職給付ビッグバン研究会
 年金・退職金に関するの場だったが、2009年以降は活動停止状態!?

─────────────────────────

法令データ提供システム(総務省)
 あらゆる法律条文を一発で検索。更新頻度も多い。

法令等データベースシステム(厚生労働省)
 年金関連なら、法令のみならず政省令・通達レベルまで網羅。

国会会議録検索システム(国立国会図書館)
 衆参本会議および各種委員会の議事録を全て収録。

社会保障統計(国立国会図書館)
 社会保障に関する統計の出所(書籍・Webサイト)を一堂に解説。

─────────────────────────

年金運用リンク集
 やや古くなってるとはいえ、脅威の情報量! 誰が作っているんだ!?







 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 01:28
| LINK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LINK:専門家(コンサル・社労士等)

All About Japan [マネー] 企業年金・401k
 ナビゲーターはFP兼フィナンシャル・ライターの山崎俊輔氏。

All About Japan [マネー] 年金入門
 提供は国民年金基金連合会。

TIMコンサルティング
 年金に強い独立系社労士ファーム。DCプランナーのための企業実務研究会も主催。

確定拠出年金コンサルティング
 確定拠出年金の情報発信と疑問解決に特化した専門BLOG。

The Actuary
 気鋭の現役アクチュアリーによるBLOG。留学帰りだけに海外情報が豊富。

s_iwkのブログ
 コンサル勤務の生保アクチュアリーによるBLOG。保険関係法規集も併せて運営中。 

株屋の裏
 外資系証券マンの日常(2000〜01年当時)を綴った迫真!?のドキュメント。

人事・退職金コンサルタントの思索録
 京都の経営コンサルタント、森田さんのBLOG。

女性のための年金相談室
 福岡の開業社労士&ファイナンシャルプランナー、菅野さんのサイト。
 メルマガ「知っておきたい年金のはなし」はまぐまぐ殿堂入り。





 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 01:00
| LINK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

LINK:官公庁・公的機関

厚生労働省
 言わずと知れた公的年金・企業年金の元締め。
 ただし省内では医療・衛生・保険あたりが花形部署だとか(汗)。

厚生労働省:年金・日本年金機構関係
 企業年金関連はコチラをチェック

厚生労働省:年金財政ホームページ
 公的年金制度の概要、財政再計算結果など。データは豊富。

日本年金機構
 旧社会保険庁を改組して発足。公的年金に係る事務を担う。

国税庁
 かつての適格退職年金の監督官庁。年金税制にも関与。



企業年金連合会 (PFA)
 旧厚生年金基金連合会がリニューアル。名実ともに企業年金の業界団体に。

企業年金連絡協議会 (CPN)
 通称「企年協」。元来は単独・連合型基金の団体。Webサイトは充実だが会員制。

全国総合厚生年金基金協議会
 通称「全総基」。企年協に対してこちらは総合型基金の団体。
 コラム「新年金雑感」は辛口で読み応えがあるものの、残念ながら会員制。

年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF)
 運用成績が悪い時は一面トップ記事、良い時はベタ記事扱いと、つくづく損な役回り。
 それでもわが国の公的年金運用を一手に担う、世界最大の年金基金。

国立社会保障・人口問題研究所 (IPSS)
 通称「社人研」。出生率や人口を推計。刊行物は骨太な論文集ばかり。

国民年金基金連合会 (NPFA)
 広告予算は潤沢にあれど、加入員数はイマイチ伸びず。
 個人型確定拠出年金の胴元というもう一つの顔を持つ。

(独)勤労者退職金共済機構
 中小企業退職金共済(中退共)等の運営団体。
 適格廃止と厚年基金縮小の受け皿として、近年著しく焼け太り中!?

(独)中小企業基盤整備機構
 中小企業の支援団体。経営者のための退職金制度「小規模企業共済」を運営。



(公社)日本年金数理人会
 年金数理人の職能団体。実務基準など各種資料が充実。

(公社)日本アクチュアリー会
 アクチュアリーの職能団体。どちらかというと年金よりも保険(生保・損保)が主流。

(一社)生命保険協会
 「企業年金の受託概況」を毎年リリース。

(一社)信託協会
 年金と信託銀行は切っても切れない腐れ縁。

(一社)日本投資顧問業協会
 「生保」「信託」と来ればお次は「投資顧問」。これ年金運用業界の理。

(一社)日本経済団体連合会
 ご存知財界団体の老舗。企業年金への提言は意外と多い。

(公財)財務会計基準機構〜企業会計基準委員会
 わが国の会計基準を司る。ただし年金に対する理解はと言うと・・・(汗)。




 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 20:40
| LINK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LINK:金融機関・シンクタンク

りそな銀行:企業年金のお客さま
 かつての年金受託の雄、旧大和銀行の年金信託部門。
 速報性を重視した情報発信ポータルサイト「りそな企業年金ネットワーク」も併設。

三井住友信託銀行:企業年金業務
 2012年4月に住友信託と中央三井信託が合併。「ペンション・リサーチ・センター」も併設。

三菱UFJ信託銀行:年金業務のご案内
 情報量はまあまあ豊富だが、残念ながら会員専用。

みずほ信託銀行:年金情報ボックス
 年金制度情報だけでなくマーケット情報も充実。

日本生命:団体年金商品
 法改正だけでなく、規約変更など事務運営の資料も惜しげもなく公開。この太っ腹!

第一生命:年金通信
 2013年リニューアルも、最近は更新をサボりがち!?

JPアクチュアリーコンサルティング
 メールマガジンや国債利回りなど。制度解説が充実。2008年に姉妹サイト
 「e-年金.jp」および「e-PBO.jp」を開設。

格付投資情報センター(R&I):Web年金情報
 業界誌「年金情報」のWeb版。会員制だが、記事見出しは会員以外も参照可。
 見出しを眺めるだけでも業界の動向が窺えて面白い。 

みずほ銀行:確定拠出年金トピックス
 「みずほ DC News」を不定期更新。

野村年金マネジメント研究会
 会員制だけに解説資料は豊富。登録は無料なので是非申し込んでおきたい。

ニッセイ基礎研究所
 「年金ストラテジー」「基礎研REPORT」「年金フォーラム」など。
 大手民間シンクタンクでは年金・社会保障に一番力を入れている。

IICパートナーズ
 政令指定法人。近年ホームページをリニューアル。
 退職給付会計・退職金・企業年金の情報ポータル「Pmas」が新装開店。

商工会議所年金教育センター
 DCプランナー試験を主催する商工会議所系の団体だけに、確定拠出年金関連の
 情報は豊富。

ろうきん連合会 確定拠出年金HOMEPAGE
 確定拠出年金における労働組合サイドの取組みが覗える稀有なサイト。
 「Q&A 労働組合のための新しい企業年金ハンドブック」は当BLOGでも推奨。

NPO法人 金融・年金問題教育普及ネットワーク
 勤労者・労働組合の立場から退職給付コンサル・投資教育を展開。
 メールマガジンを月1回刊行。

NPO法人 確定拠出年金教育協会
 確定拠出年金に関する独自の調査報告・レポート・メルマガには定評あり。

roumu.com 名南経営
 中部地区を拠点とする名古屋の人事コンサルファーム。
 年金のみならず、社会保険労務関連の情報収集に有用。

日興フィナンシャル・インテリジェンス
 「年金関連データ」はかつて業界随一の充実度を誇るも、近年は空家状態(汗)。





 ←気が向いたら是非クリック願います

posted by tonny_管理人 at 20:30
| LINK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。